週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

我が家にもクリスマスローズあります

先日ネメシアを切戻してから、庭に花が無くなって寂しいです。 などと思っていたら、あにはからんや、もう先駆けの春の花が咲き始めています。 暖冬なんですねえ。 一番実感したのはクリスマス ローズ。 例年我が家で咲くの、3月じゃなかったかなあ。 一重…

冬のアジュガ、チョコレートチップとディクシーチップ

確かに今年は庭の植物たちの動きが早いですね。 苦手な冬が短かったことを素直に喜びます。 暖冬も自然のことですから、良いも悪いも無いというのが小生のスタンスです。 一週間ぶりに庭を眺めると随分植物が動き出していて、もう冬とは言っていられなくなっ…

冬のナタレンシスは観葉植物として考えてみましょうか

初めて冬越しする植物は、紅葉するのか、葉が落ちるのか、常緑で育ち続けるのか、ピタッと動きを止めるのか、わからないことが多いです。 ペトペンチア ナタレンシスもそんな鉢植えの一つでした。 冬にどうなるのか予備知識なしで育てていて、ようやく春が見…

月影丸が春の気配を体現する

我が家のサボテンの多くが、去年の今頃お迎えしたものになります。 サボテン栽培を初めて、ようやく1年経ったという訳です。 年間を通してサボテンの様子を目の当たりにして、ようやく栽培の全体像が見えてきたという感じですね。 四季折々に表情が変化して…

ネメシアだけが冬の我が家を彩ります

冬の間、当ブログの殺風景なことと言ったら、本当に読者の皆様には申し訳ないと思っています。 あまり一年草を顧みないのが悪いのですね。 秋冬に咲く花も少しづつ取入れないとイカンなぁと、今年は特に感じております。 メネシアが好きな小生 秋冬に一年草…

クロチルド スーペル、デスデモーナの冬剪定、2020年

我が家のバラ、冬剪定もこれで最後です。 そんなに多くの種類を所有していないので、実際はノンビリやっても3日程しかかかりません。 これ、まだまだバラを増やせると勘違いしそうですね。 制限要素の第一が庭の狭さなのを忘れないようにしなきゃいけません…

ボレロ、フリージア、マーガレット メリルの冬剪定、2020年

今朝はフロリバンダ系統の冬剪定をご覧ください。 今年はオールド ローズで長く残す剪定を実践しましたから、フロリバンダ系統も少し長めに残してみましょう。 今までハイブリッド ティーと同じ強剪定だったのを反省します。 元々長めを推奨されていることが…

冬の最中にアデニウムで遊ぶ

バラの冬剪定を終わらせた勢いで、色々と植物に手を掛けたくなる悪癖が。 この季節でも緑の植物じゃないと、張り合いがありません。 今回の犠牲はアデニウムです。 アデニウム アラビカムは鉢替え アデニウム アラビカムをどうしたかったかというと、鉢を替…

マダム アルフレッド ドゥ ルージュモン、フランシス デュブリュイの冬剪定、2020年

四季咲き性のオールドローズを剪定します。 小生今までハイブリッド ティーとフロリバンダしか切ったことがありません。 今までは10 cmから15 cmぐらい残して切るだけ、根元からの枝が分岐する前に切ることが多くて、まあ気楽なものでした。 長く残す剪定は…

イヴ ピアジェ、ドラマティック レイン、プリンセス ドゥ モナコの冬剪定、2020年

四季咲きバラの冬剪定を進めています。 今朝はハイブリッド ティー系統の剪定結果をご覧ください。 イヴ ピアジェの冬剪定 まず深く悩まずに切れそうな、イブ ピアジェ。 もう2シーズンの間ベーサル シュートが出なくて、元の枝がすっかり古びてきています…