週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

チューリップのブライト ジェムとレディ ジェーンは混植ペアにしちゃダメなのね

一昨年の秋原種系のチューリップを植えて、そのまま何年か咲かせることを目論んでいました。 昨春普通に開花した後、残念ながらそこで断念したのでした。 懲りずに昨秋も原種系チューリップを植えたので、今年こそうまく球根を保存したいですね。 失敗しても…

今年もベロニカ オックスフォード ブルーを満喫しました

さて、これからしばらくの間晴れることは無いようです。 なかなか週末に晴れてくれない印象がありますね。 印象だけなので、実際どうなのかは保証しませんよ。 気象庁のデータとか見て、晴れの日を数える元気はありません。 相変わらず庭の花はオックスフォ…

バラ丸がサボテン開花の嚆矢でした

とうとう我が家でもサボテンの開花が始まりました。 よしよし。 サボテンは普段大きな動きが無いので、花が咲くのはイベントとして大きいですね。 咲いた花を見て、印象が変わることがあるから重要です。 バラ丸は小さくて白いサボテン ツルビニカルプス属の…

マダム ジュリア コレボンとサムシング ブルーを迎えて、今年はクレマチスを楽しみたい

3月に入って、ホームセンターの園芸コーナーが賑やかになっています。 これから5月にかけて、庭いじり趣味の最盛期ですね。 週末ごとに新しい苗が入荷されるので、楽しいなあ。 我が家のクレマチスはこのままではいけない 小生がクレマチス栽培を苦手にし…

ベロニカ オックスフォード ブルーが2020年も咲き始めました

我が家では、梅も咲いて、路地植えのヒヤシンスも咲いて、ヒマラヤユキノシタが咲いて、このあたりが春の開花については先駆けです。 ただ、どの開花も小生にとって何か物足りないんです。 実際梅の咲く時期は寒かったりして、春を実感するのとは少し違いま…

花が咲くまで忘れてた、アラビス オールド ゴールド

宿根草ばかり植えていると、この時期は芽吹きはしても花が咲くのはまだまだ先なんですね。 まだまだ寂しくて、一見冬から変わらない我が家の庭を眺めています。 花壇の周囲にグランドカバーを 花壇の周辺に、レンガを埋めて通路にしています。 花壇の囲いと…

金洋丸と玉翁、花が咲くにはまだ未熟でした

先週末に園芸店で見たサボテンは、結構花盛りでした。 店先に長く置かれている個体は、陽当たりが悪いので全然ですよ。 でも新入荷の個体は温室育ちですから、とてもキレイな花を咲かせています。 主にマミラリア属のサボテンですね。 無加温で寒風に晒して…

アグラオネマ マリアが冬の間に傷んじゃって

観葉植物たちは春を迎えて、葉を出す勢いが出てきたようです。 無加温なので、室温が全体的に上がっているんでしょうか。 それともやっぱり日照が長くなっているのが効いているんでしょうか。 いずれにしても、屋外だけでなく部屋の中も春の環境に変化してい…

球根放置で2年目のアネモネが咲きました

球根っていいですよね。 ここに栄養が詰まっていて、これを利用して花が咲くんだ、と頼もしく感じます。 アネモネの球根は頼もしくないです ただし、頼もしい球根のイメージはチューリップやユリに当てはまるもので、アネモネは非該当と思われます。 アネモ…

シューティング ブルーというゲラニウムを植えてみました

今年も宿根草の春の苗が少しずつ出てきました。 物色して、ぼちぼち買っています。 陽当たりとかの条件を度外視すれば、まだ庭には植える余裕があるはずなんです。 今年もゲラニウムに挑戦 もうほとんど意地になっているゲラニウム栽培。 結局我が家で残って…

春を迎えたアグラオネマ シルバー クイーンが開花しました

我が家の庭でも既に春の訪れが感じられて、あちこちの芽吹きを見て堪能しています。 ご近所では早くもモクレンが咲いていて、目を奪われています。 ところが、 気付けば我が家の庭はこの時期に満開になるような花が無いんですね。 そこで今朝はアグラオネマ…

フィカス ウンベラータが生長再開

三寒四温とはよく言ったもので、晴れれば春で曇ると冬になりますね。 週末に曇ってしまうと、目を向けるのは室内ばかりになってしまうじゃないですか。 今朝はウンベラータを眺めています。 ウンベラータを曲げたの、どうなった? 昨年、ウンベラータを曲げ…

花のキレイなサボテン、小さな宝山と雪晃をお迎え

2020年春の新入りサボテンの紹介、続きです。 お安いサボテンを複数購入とマクラで振っておきながら、前回は高砂の話で終わってしまいました。 宝山は特徴が無いのが特徴 高砂と同時購入したのが宝山、Rebutia minuschla。 和名は「ほうざん」なんですね。 …

白いマミラリア属サボテン、高砂の小さい苗に出会う

近所のホームセンターで、小さいサボテンが入荷されていたんです。 思い返せば去年の今頃、同じようにミニサボテンが並んでいるのに出くわして小生のサボテン栽培が始まったようなものです。 あれから1年、その時お迎えしたサボテンはずいぶん大きくなった…

ダイコンの収穫!

関東地方は、晴れれば春本番ですね。 陽射しに力強さを感じます。 週末ランニングの堤防コースでは、法面に黄色い菜の花が咲き始めています。 あれは勝手に殖えてるようですけど、何のお花なのかしら。 とにかく、世間では菜の花が咲いているんです。 9月に…

縮玉、縦に縮む

今朝は縮玉の様子を見ていただけないでしょうか。 細かい稜が沢山並んでいる、本来なかなかの造形のサボテンです。 冬になると赤くなるサボテンは少なくありませんが、この縮玉も基本屋外管理するとほのかに赤くなっています。 ↓↓ 2月下旬の縮玉 全体的に渋…

ポテンティラ、春のお手入れ

この前の3連休は春の陽気で、気持ちよく庭を見回ることができました。 花がついている雑草を抜きながら、少しづつ宿根草周りの土を盛ったりして、楽しく土いじりしてました。 ポテンティラがツライ冬を乗切りましたって顔してたので、今朝はその様子を記録…

我が家にもクリスマスローズあります

先日ネメシアを切戻してから、庭に花が無くなって寂しいです。 などと思っていたら、あにはからんや、もう先駆けの春の花が咲き始めています。 暖冬なんですねえ。 一番実感したのはクリスマス ローズ。 例年我が家で咲くの、3月じゃなかったかなあ。 一重…

冬のアジュガ、チョコレートチップとディクシーチップ

確かに今年は庭の植物たちの動きが早いですね。 苦手な冬が短かったことを素直に喜びます。 暖冬も自然のことですから、良いも悪いも無いというのが小生のスタンスです。 一週間ぶりに庭を眺めると随分植物が動き出していて、もう冬とは言っていられなくなっ…

冬のナタレンシスは観葉植物として考えてみましょうか

初めて冬越しする植物は、紅葉するのか、葉が落ちるのか、常緑で育ち続けるのか、ピタッと動きを止めるのか、わからないことが多いです。 ペトペンチア ナタレンシスもそんな鉢植えの一つでした。 冬にどうなるのか予備知識なしで育てていて、ようやく春が見…

月影丸が春の気配を体現する

我が家のサボテンの多くが、去年の今頃お迎えしたものになります。 サボテン栽培を初めて、ようやく1年経ったという訳です。 年間を通してサボテンの様子を目の当たりにして、ようやく栽培の全体像が見えてきたという感じですね。 四季折々に表情が変化して…

ネメシアだけが冬の我が家を彩ります

冬の間、当ブログの殺風景なことと言ったら、本当に読者の皆様には申し訳ないと思っています。 あまり一年草を顧みないのが悪いのですね。 秋冬に咲く花も少しづつ取入れないとイカンなぁと、今年は特に感じております。 メネシアが好きな小生 秋冬に一年草…

クロチルド スーペル、デスデモーナの冬剪定、2020年

我が家のバラ、冬剪定もこれで最後です。 そんなに多くの種類を所有していないので、実際はノンビリやっても3日程しかかかりません。 これ、まだまだバラを増やせると勘違いしそうですね。 制限要素の第一が庭の狭さなのを忘れないようにしなきゃいけません…

ボレロ、フリージア、マーガレット メリルの冬剪定、2020年

今朝はフロリバンダ系統の冬剪定をご覧ください。 今年はオールド ローズで長く残す剪定を実践しましたから、フロリバンダ系統も少し長めに残してみましょう。 今までハイブリッド ティーと同じ強剪定だったのを反省します。 元々長めを推奨されていることが…

冬の最中にアデニウムで遊ぶ

バラの冬剪定を終わらせた勢いで、色々と植物に手を掛けたくなる悪癖が。 この季節でも緑の植物じゃないと、張り合いがありません。 今回の犠牲はアデニウムです。 アデニウム アラビカムは鉢替え アデニウム アラビカムをどうしたかったかというと、鉢を替…

マダム アルフレッド ドゥ ルージュモン、フランシス デュブリュイの冬剪定、2020年

四季咲き性のオールドローズを剪定します。 小生今までハイブリッド ティーとフロリバンダしか切ったことがありません。 今までは10 cmから15 cmぐらい残して切るだけ、根元からの枝が分岐する前に切ることが多くて、まあ気楽なものでした。 長く残す剪定は…

イヴ ピアジェ、ドラマティック レイン、プリンセス ドゥ モナコの冬剪定、2020年

四季咲きバラの冬剪定を進めています。 今朝はハイブリッド ティー系統の剪定結果をご覧ください。 イヴ ピアジェの冬剪定 まず深く悩まずに切れそうな、イブ ピアジェ。 もう2シーズンの間ベーサル シュートが出なくて、元の枝がすっかり古びてきています…

冬のゲラニウムをまとめて記録

どうも暖冬は最後まで続いて、春の訪れは早くなりそうですね。 寒いの苦手な小生にとっては、それほど悪いことではありません。 宿根草などは、意外なくらい早く芽吹いたりしそうです。 もう少し冬の宿根草の様子を記録しておかないとイカンなあと思ってます…

バラの冬剪定始めました、まずはグリーン アイスから

// 小生もバラの冬剪定始めました。 2月に入ったのでもう頃合いですよね。 最初はおっかなびっくりで始まって、最後の鉢はすごく大胆に切れるようになっています。 今年も初心に帰って、まずは一番葉が少ないバラから行きましょう。 今年の冬剪定はグリーン…

ヒューケラ パリとリオが赤くなる

// ようやく日の出が早くなってきてるんですね。 それでも2月ですから、冬本番はこれからなんでしょう。 春が見えてきている分、待ち遠しくなりますね。 ヒューケラ パリの紅葉 グリーン系で銀葉のヒューケラ パリは、我が家で初めての冬を過ごしています。…