週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

サボテンのこと

紫盛丸を鉢増しして、空いた鉢に翠晃冠を植替え

最近手元の植物を触りたい病が発症していて、サボっていたお世話と称して週末には鉢をひっくり返して楽しんでいます。 紫盛丸の刺が鉢からはみ出てる サボテンなんかが主な対象で、面倒だった鉢増しを片付けるのに丁度いいです。 今の鉢増し基準は、刺が鉢の…

刺で痛い目を見たのをキッカケに、玉翁と縮玉を植え直す

サボテンを育てていると、うっかり刺に触って痛い目に遭うことがあります。 これ、迂闊な小生だけではないと思います。 玉翁を深植えに 気が向いたときに、サボテンの鉢増しをしています。 5月下旬には玉翁を2号から2.5号の鉢に変更しましたが、その際…

月影丸を2.5号鉢に植替えました

今年も酷暑で庭の植物の水遣りが大変です。 今週を乗切れば、少しはマシになるかもしれないという淡い期待にすがって、毎日頑張ってホースを捌いています。 庭での苦労をよそに、ベランダのサボテンは順調です。 最近のサボテン鉢増しの基準 春以降いくつか…

翠晃冠も我が家で初めて開花しました

今年はサボテンが、本当によく花を咲かせてくれています。 1年間育てきて良かった。 サボテン置き場が華やかなのは、いいですね。 その周囲の勢いに乗じて、ギムノカリキウム属の翠晃冠も我が家で初めて花を披露してくれました。 翠晃冠のここまでの歩み 翠…

錦繡玉の鮮やかな黄花を初めて鑑賞しました

我が家のサボテンが次々と花を咲かせています。 竜頭の次に咲いて大いに目立っているのが、パロディア属の錦繡玉です。 錦繡玉は冬に縮みました 前回、錦繡玉を記事にしたのは秋に鉢増しした時でしたね。 ↓↓ なんか、さっそく傾いていますが www.gensan.blue…

幽玄な白花の竜頭、2020年も開花してくれました

竜頭の花が咲きました。 去年も随分と感心して眺めていました。 ↓↓ お迎えした時にあった蕾が開花 www.gensan.blue 今年は花芽が出てきた時点からジックリ観察して、とうとう開花に至って、やっぱりキレイな花だなあと感心しています。 ↓↓ ここから開花まで…

花鏡丸が慌ただしく開花していきました

花鏡丸に花芽を見つけてから半月ばかり経ちましたが、立て続けにわーっと咲いて、あっという間に終わってしまいました。 ↓↓ 春、色々出し始めた頃の花鏡丸 www.gensan.blue バラの季節と重なったのもあって、大変慌ただしく過ぎていった感じです。 花鏡丸の…

麗蛇丸が初めて咲いたんですよ

我が家にお迎えしてから2年目の春、ギムノカリキウム属の麗蛇丸が花を咲かせてくれました。 ↓↓ ここから4ヶ月かけてようやく開花しました www.gensan.blue まだ小さい個体なので、咲くのをやめてしまうんじゃないかと心配していました。 さっそく開花の様…

今年の月影丸は6輪同時に開花しました

マミラリア属の月影丸です、100円ショップにも置かれていると聞いています。 多花性として知られていて、我が家では2回目の開花。 今年に入って早々に蕾が出てきたので、思わず記事にしました。 ↓↓ 花の無い季節の蕾は嬉しいのです www.gensan.blue 蕾が…

色々賑やかな花鏡丸

これから暑くなってくると、サボテンの季節ですねえ。 4月半ばまで冬仕様だった多くのサボテンが、最近ようやく膨らみ始めたような気がします。 動けばカワイイですし、見つめる甲斐があります。 花鏡丸の蕾が沢山 マミラリア属のサボテンがひとしきり花を…

竜頭の花芽が見えて、ただ純粋に嬉しいです

サボテンは春になって動き出す種とジッとしている種と、色々です。 総じて球体の大きさはそれほど膨らんでいません。 1月と2月は4週ごとの水遣りだったのを、3月と4月は3週ごとにしています。 どっちにしてもカラカラですね。 来月から隔週の水遣りに…

マミラリア属サボテンの季節、高砂と夕霧の開花

サボテンの開花が続いていて、嬉しいなあ。 まだ我が家の庭が寂しい時期なので、サボテンの花を眺めて楽しむ毎日。 今はサボテンの中でもマミラリア属の花が咲く季節です。 先日お迎えした高砂の開花 まず、楽しみにしていた高砂が開花しています。 ↓↓ 1ヶ…

バラ丸がサボテン開花の嚆矢でした

とうとう我が家でもサボテンの開花が始まりました。 よしよし。 サボテンは普段大きな動きが無いので、花が咲くのはイベントとして大きいですね。 咲いた花を見て、印象が変わることがあるから重要です。 バラ丸は小さくて白いサボテン ツルビニカルプス属の…

金洋丸と玉翁、花が咲くにはまだ未熟でした

先週末に園芸店で見たサボテンは、結構花盛りでした。 店先に長く置かれている個体は、陽当たりが悪いので全然ですよ。 でも新入荷の個体は温室育ちですから、とてもキレイな花を咲かせています。 主にマミラリア属のサボテンですね。 無加温で寒風に晒して…

花のキレイなサボテン、小さな宝山と雪晃をお迎え

2020年春の新入りサボテンの紹介、続きです。 お安いサボテンを複数購入とマクラで振っておきながら、前回は高砂の話で終わってしまいました。 宝山は特徴が無いのが特徴 高砂と同時購入したのが宝山、Rebutia minuschla。 和名は「ほうざん」なんですね。 …

白いマミラリア属サボテン、高砂の小さい苗に出会う

近所のホームセンターで、小さいサボテンが入荷されていたんです。 思い返せば去年の今頃、同じようにミニサボテンが並んでいるのに出くわして小生のサボテン栽培が始まったようなものです。 あれから1年、その時お迎えしたサボテンはずいぶん大きくなった…

縮玉、縦に縮む

今朝は縮玉の様子を見ていただけないでしょうか。 細かい稜が沢山並んでいる、本来なかなかの造形のサボテンです。 冬になると赤くなるサボテンは少なくありませんが、この縮玉も基本屋外管理するとほのかに赤くなっています。 ↓↓ 2月下旬の縮玉 全体的に渋…

月影丸が春の気配を体現する

我が家のサボテンの多くが、去年の今頃お迎えしたものになります。 サボテン栽培を初めて、ようやく1年経ったという訳です。 年間を通してサボテンの様子を目の当たりにして、ようやく栽培の全体像が見えてきたという感じですね。 四季折々に表情が変化して…

冬になり、みるみる縮む銀粧玉

// 我が家のサボテンは2号から3号鉢のサイズです。 唯一3号鉢で、一番大きなはずの銀粧玉がよく縮んでるなあと思って眺めています。 ↓↓ 前回は鉢増しの記事でしたね www.gensan.blue 細くて長い刺が密集しているサボテンです。 夏以降の銀粧玉 9月上旬と…

我が家に迎えてから縮み続ける太白丸

// 我が家で屋外管理しているサボテン達は、いよいよ縮んできました。 冬季の正常な反応とわかっていても、ちょっと心配になるくらい。 あまり変化が無いのはマミラリア属とアストロフィツム属、他は見事に縮んでいるようです。 夏にお迎えした太白丸 白っぽ…

麗蛇丸の気になる赤い点

// サボテンの話もしたいなあ、でも冬で戸外管理だから動きは無いしなあ。 晩秋から冬にかけては記録している球径の値もピタッと止まり、気温の低下でサボテンの生長が止まっていることを実感しています。 生長はしませんが、低温且つ水遣りを控えている環境…

地味な綾波、冬には目立つ

// 最近、最低気温が氷点下の日がありますね。 前日の予報で1℃未満が予想された時は、サボテンを室内に入れて寒さを凌いでもらいます。 それ以外は、できるだけ屋外(ベランダ)で低温と日光に当てるようにしています。 我が家のサボテンはほとんど初めての…

翠晃冠の冬支度を安心して見ています

// 我が家ではギムノカリキウム属のサボテンが寒さに反応して、縮み始めております。 ↓↓ 竜頭が縮んでいます www.gensan.blue 冬に縮むギムノカリキウム属といえば、我が家では翠晃冠。 ↓↓ 今年は春になってから縮むもんだから、回復も遅かった www.gensan.b…

竜頭よ、冬はツラかろうが必ず春は来る

// 今日久しぶりに(曇り空とはいえ)太陽光のもとでサボテンを眺めると、ギムノカリキウム属が寒さに反応していました。 秋から冬にかけてサボテンを手元に置くのは初めてなので、また新たな栽培実感を得ることができました。 この時期から寒冷環境と認識す…

玉翁のヒゲが伸びてきました

// サボテンは、12月に入ってもベランダ暮らしが続いています。 浅いですが、一応屋根が張り出しているのでバルコニーではなくベランダ。 ここ関東地方の最低気温はまだ氷点下にはなりません。 雨も直接あたりません。 室内避難の基準を決めかねています。…

新天地が生長して、コンペイトウ君じゃなくなった

// ギムノカリキウム属のサボテンは、もちろん大好きです。 総じてお饅頭みたいにツルんとして、プリっとして、まあそんな感じの種が多いような気がします。 お安く出ているギムノカリキウムはプリっとしているの重視で、刺が貧弱な種類が多いような。 その…

海王丸は今シーズン1.5倍に膨らみました!

先の週末、サボテンの直径測定をしました。 結果を見てみると、サボテンは種類を問わず、概ね生育を止めたようです。 関東地方で屋外栽培している場合には、11月上旬から中旬に生育を止めるってことなんですね。 夏以降の海王丸 ギムノカリキウム属の海王…

夏から秋にかけて、月影丸は随分と雰囲気が変わりました

// マミラリア属の月影丸には、期待しているんです。 花はよく咲くし、肌の色が濃くて綺麗だし。 性質も強そうで、今のところ形にも癖がありません。 万人受けする今のまま大きくなって欲しいと思っているんです。 // 何かと目立つ月影丸 今年の3月にお迎え…

夕霧の背が徐々に伸びてきました

// 我が家のサボテンは、球形あるいは潰れた球形のものがほとんどです。 これは小生の趣味で、特に上から押し潰されたような形が好みなんです。 ギムノカリキウム属などで典型的な形ですね。 もちろん、サボテンには様々な形状の種類があります。 小生好みの…

ランポー玉がどれくらい記事にしにくいか、について

// この春、3月にお迎えしていながら、まだブログ記事になっていないサボテンのお話です。 イヤな予感がするならば、さすがの感性。 そう、ご想像のとおり、記事にできないのは派手な動きが無いからです。 動かないと記事にできないよう 以前は動かない金洋…