週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

バラのこと

イヴ ピアジェの枝が一方的に古くなっていく~2019年秋

// 今日は後半の秋バラ、メイアンのイヴ ピアジェにしましょう。 ピンクの豪華な花です。 秋は虫の心配が無いので、大輪で花数が少ないハイブリッド ティーにとっては、春よりも期待できます。 ↓↓ イヴ ピアジェの夏剪定 www.gensan.blue 夏剪定の時は大輪が…

弱々しいデスデモーナを来年復活させる決意~2019年秋

秋のデスデモーナを初めて眺めています。 夏花に比べて花弁の数が増えています。 色は開き始めにピンクが強く、次第に淡いアプリコット、最後は褪色して散るに至ります。 ↓↓ デスデモーナは直射日光が似合います。 ↓↓ 強い光の中で、花弁が透けるように輝い…

フリージアのおおらかな花にホッとする

// 夏花が今一つなので、せっかく持っている四季咲き性を有効活用できていないバラは少なくないと思います。 我が家では、黄バラのフリージアがその筆頭。 香る代わりに花持ちが悪いのと、元々少ない花弁の数が一段と減って貧相になるので、夏はどうもあまり…

クロチルド スーペル(粉粧楼)は秋に本気出すタイプ

// 先日、粉粧楼がクロチルド スーペルという素性の知れた品種の国内流通名であることを知って、大いに驚きました。 ネット上の情報が少ないので大したことない記事ですけど、その後追加の知見もありません。 ↓↓ 関連情報をお寄せいただけると、小生嬉しいで…

我が家の隠し玉?ペンタカンサ

// サボテンで、まだ1回も紹介していない種類もあるんです。 出し惜しみしてるわけじゃないんです。 みんな、記事にする話題がないんです。 それでも間もなく冬の休眠期に入るんですから、この秋の様子を記録しておかないと、来春以降のサボテン栽培の参考…

フランシス デュブリュイは気付けば我が家のアクセント~2019年秋

// 気が付くと白っぽいバラばかりになっていまして、好きとは言え今年はちょっとやりすぎだったなあと、我が身の愚かさを痛感しております。 何でもバランスとか中庸とか、ほどほどにしないといけません。 小生の小物感が際立つところですねえ。 フランシス …

ボレロも盛りが過ぎたようです~2019年秋

// 秋バラ紹介、3種類目です。 ボレロが盛りを過ぎたようですので、このあたりで記録を残しておきましょう。 秋のキレイな写真が少ない ボレロは5月に新苗からスタート、咲かせながら順調に育っています。 www.gensan.blue 夏剪定が9月上旬。 www.gensan.…

あれ?マダム アルフレッド ドゥ ルージュモンはもう終わり?~2019年秋

// 我が家では、しみじみと秋バラの開花が進行しています。 長く咲いているバラもあれば、あれ?もうおしまい?ってな具合のバラもあったりして。 それはそれで今年の成果として、楽しく受止めています。 // もうおしまい?はルージュモン 今年の新苗、マダ…

粉粧楼って、クロチルド スーペル?

// バラは秋の大苗の季節ですね。 小生今年は大苗の予定はありませんので、来年の新苗をどうしようか考えているくらいです。 先日もスマホでボンヤリ品種情報を見ていましたんですが、そこで個人的にビックリ情報を見つけました。 // 粉粧楼=クロチルド ス…

朝のプリンセス ドゥ モナコが好きです~2019年秋

// 今年の秋バラ、開花が早く感じられるのは我が家だけでしょうか。 いっぺんに夏剪定したので、開花時期はバラバラです。 早いバラがピークになっているようです。 朝晩涼しくなってからで良かった。 // まずはプリンセス ドゥ モナコから この涼しい朝に、…

グリーン アイスの黒星病は我が家だけでしょうか?

// 今年の秋は高温が続いていますね。 秋バラが早く咲きそうな気配で、残念至極。 我が家ではもう蕾が膨らんできています。 もう少し遅い時期に咲いて欲しかったけど、仕方ありませんね。 早く切って、最後もう一回咲かせることができるんでしょうか? // グ…

ゴールデン セレブレーション、風で折れる~鉢植え受難の月曜日

// 小生の住む関東地方は、昨日風が強かったです。 お昼ごろから急に強くなったので、強風対策が間に合いませんでした。 思ったよりひどかったです。 先日の台風の時もやはり強風が吹き荒れましたが、あの時は事前に対策をとったので、うまくやり過ごすこと…

フリージアの夏剪定~2019年

// フリージアで今年の夏剪定シリーズ最終回です。 古いイエローのフロリバンダ、 春には手放そうと思っていましたが、今年もここまでお世話してきました。 色々な偶然で我が家に残ってくれていますから、縁の深いバラなんでしょう。 秋に向けて手を入れます…

新苗粉粧楼の夏剪定~2019年

// 今日は夏剪定に戻りまして、粉粧楼です。 新苗は、無理に夏剪定しなくてもいいと思います。 元々小さいですから、縮めなくてもそのまま咲かせればいいんです。 我が家では特に粉粧楼が、まるでミニチュアローズのような風情です。 これをわざわざ剪定する…

ドラマティック レインの夏剪定~2019年

// 先週末、9月14日に残りの夏剪定をやっつけました。 これで四季咲きバラの夏剪定は完了しました。 後はサボっている農薬散布を予定通りに実施して、施肥しながら秋の花を待つばかりです。 夏剪定の記事も残りわずかです。 // 春からここまでのドラマテ…

デスデモーナの夏剪定~2019年

// えーと、バラの夏剪定の続きです。 今回も一週間前の記録になります。 我が家のデビッド オースチンのバラで唯一の四季咲き、デスデモーナ。 何とか夏剪定に漕ぎつけた、って感じです。 // 夏を越したデスデモーナ ついこの前、2週間前にデスデモーナの…

新苗ボレロの夏剪定~2019年

// 先週末、9月7日に剪定したバラがまだあるんです。 今日はボレロ、バラ愛好家の皆様にはお馴染みですね。 初代ボレロは今春枯らしてしまいましたので、この二代目ボレロは同じ轍を踏まないように気を使って育てています。 入魂のお世話っていうのは盛り…

新苗マダム アルフレッド ドゥ ルージュモンの夏剪定~2019年

// 新苗のルージュモン、お迎えしてから4ヶ月半ですか。 もっと長くお世話しているように感じます。 半年にも満たないのに、すっかり馴染んでいる証ですね。 // 春からここまでのマダム アルフレッド ドゥ ルージュモン フランシス デュブリュイとともに7…

新苗フランシス デュブリュイの夏剪定~2019年

// 今日は新苗の夏剪定です。 フランシス デュブリュイいってみましょう。 オールドローズの夏剪定ってあまり聞かないですか? 我が家のバラ、オールドローズであっても四季咲きのバラなら今年は夏剪定します。 夏剪定は涼しい時期にキレイに咲いてもらうた…

プリンセス ドゥ モナコの夏剪定~2019年

// 今回夏剪定するのは、プリンセス ドゥ モナコです。 覆輪のハイブリッド ティーで、一昔前の雰囲気がたまりません。 香りも良いですし、メイアンの名花ですよね。 ホームセンターなどでお安くなっているのを見かけることもありますので、うまく出会ったら…

イヴ ピアジェの夏剪定~2019年

// 夏剪定2番手はイヴ ピアジェ、イヴ ピアッチェ? ピアッチェは違うよねえ。 今となっては古めのハイブリッド ティーです。 ですが、アンティーク調の多花弁カップ咲きの嚆矢なんじゃないでしょうか。 メイアンの名花です。 // 春からここまでのイヴ ピア…

マーガレット メリルの夏剪定~2019年

// まだまだ残暑も厳しいですね。 とはいえ、9月に入りましたのでバラの夏剪定を実施しました。 今咲かせようと思っても、コガネムシがほとんどの蕾を齧ってしまいます。 しばらく寂しくなりますが、まとめて剪定して秋に期待です。 // 春からここまでのマ…

夏顔のデスデモーナ

我が家のバラ、夏だからと言って特に摘蕾することも無く、自然に任せて咲いてもらっています。 夏で本来の花じゃなくても咲けば嬉しくて、その時々の美しさを感じます。 そういえば、そろそろ夏剪定の時期です。 今咲いている花が終わり次第、少し強めに剪定…

名前からして、グリーン アイスって夏向き

// 最近ボンヤリ考えているのですが、バラの四季咲き性って本当に凄いなあ、と。 いつでも花を見ていたいという欲求に応えて、数節枝を伸ばした先にすぐ蕾を付ける形質を選抜したんでしょうね。 この四季咲き性は品種によってはホントに安定しているので、夏…

留守中に鉢バラの水遣りをどうしますか?

// ちょっとお出掛けすることになりました。 夏場家を空けるとき心配なのは、鉢植えのバラ。 この時期は毎朝の水遣りが日課になるくらいですから、一日でも水遣りを怠ればバラが萎れる可能性が出てきます。 外出時の水遣りは皆さんお困りのようで、いろいろ…

粉粧楼は、うどん粉病の憂いが無い夏が快適なのかも

// 新苗の粉粧楼、3回目の生育記録です。 春から梅雨にかけて、うどん粉病祭りだった粉粧楼。 梅雨明け後に気温が上昇してからうどん粉病が鳴りを潜めましたので、粉粧楼も健康を取り戻しています。 一時は全部の葉がうどん粉病で、枯れますか?と悲しく問…

バラの新苗栽培~ボレロが名花であることを再認識しています

// この盛夏というか、酷暑の季節はどうやり過ごしたらいいんでしょうね。 週末に庭の宿根草を見て回るのが怖いです。 どれだけ弱っているのか心配な季節になりました。 この過酷な時期でもボレロはちゃんと咲く 梅雨の涼しい時期が長かったので、全体的にバ…

ゴールデン セレブレーションは満足の返り咲き、ガートルード ジェキルに期待するのは酷

// やっと梅雨が明けましたねえ。先日の日曜日には、散髪して、久しぶりに洗車して気分も晴れやか。 今日の記事は我が家のイングリッシュ ローズです。一番花の後、返り咲きの様子を見つめながら感じたことをひとしきり。 // 春のゴールデン セレブレーショ…

バラの新苗栽培~マダム アルフレッド ドゥ ルージュモン編(その3)

// バラの新苗生長シリーズ、マダム アルフレッド ドゥ ルージュモン編は第3回になります。 前回までは同時購入したフランシス デュブリュイと同時紹介でした。 www.gensan.blue デュブリュイと同様、ルージュモンも順調です。 細かいところでは腹ペコ青虫…

バラの新苗栽培~フランシス デュブリュイ編(その3)

// 我が家は関東地方ですので、昨日と一昨日の陽射しは嬉しかったです。 いきなり夏の、なんというか圧力を感じる陽射しで、早く慣れないと夏バテですねこりゃ。 フランシス デュブリュイ梅雨を過ごす バラの新苗生長シリーズ、フランシス デュブリュイ編は…

    お問合わせ.