週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

サボテン用にアクリル塗料で素焼鉢を塗装しました

サボテンはインテリアに使われるくらいですから、いろいろな鉢にマッチします。

個体の姿に応じて、好きな鉢を選んで植えるのは楽しいですよね。

一方サボテンの生育のためには、黒いプラ鉢が推奨されているのをネット上でよく見かけます。根の温度を高く保つ目的ということのようです。

おそらくそれが正解なんだと思います。

ただもうちょっと選択肢があっても良いような気がして、小生は素焼鉢に塗装をしてサボテンを植えています。

 

 

なぜ素焼鉢なのか

黒いプラ鉢が根の環境温度を保つのに良いのであれば、黒く塗装した素焼鉢がベストだと思いました。

プラスチックより、焼き物の方が熱を貯めると思いませんか?

例えば土鍋が保温性に優れることなどを考えてみてください。

 

それに加えて素焼鉢は多孔質なので、排水性に優れます。

水が滞留しないことは良いことですが、素焼鉢は鉢表面からも水が蒸発するので

・乾きすぎる

・気化熱で鉢が冷える

こういった問題が生じるようです。

 

そこで素焼鉢を塗装することで水の蒸発がある程度防がれ、プラスチック鉢よりも熱を持つうえに乾きすぎない鉢になるのでは?というのがコンセプトになります。

使っている塗料

塗料はいろいろと使えると思うのですが、ターナーの「ミルクペイント for ガーデン」シリーズが目的に適っているようです。

アクリル塗料です。

ちゃんとメーカーさんのHPには鉢を塗るときの注意が書いてあり、素焼き鉢には下地も塗るよう記載があります。

下地はミルクペイントシリーズのマルチプライマーを使うのがよいとのこと。

ということで、HCに行って塗料コーナーを探して、

f:id:gensank:20190316125929j:plain

手に入れました!

左がマルチプライマー、右がミッドナイト ブルーの塗料です。塗料とは思えない可愛いパッケージですね。

小生みたいなおぢさんなんかあっち行けって感じです。

 

色はいくつか選択できますので、お好みのものでカラフルに楽しんでも良いですね。

小生は、鉢の温度を上げる目的を重視して、比較的暗めのミッドナイトブルーを使っています。

今のところ全部の鉢を統一色にしていますが、塗料がなかなか無くならないというのもその理由の一つです。

まずは下地づくり

ミニサボテンファンにはお馴染み、何の変哲もない素焼き鉢の2.5号と2号です。

f:id:gensank:20190316132406j:plain

で、ここに直接下地を塗ります。

下地に使うマルチプライマーはこんな感じです。

f:id:gensank:20190316133126j:plain

乳白色のトロッとした液体です。匂いはありますが、それほど強くありません。

塗るときに使うのはプラモデル用の筆が良いんじゃないでしょうか。

小生は工作用の刷毛を使ったところ、刷毛跡が目立ちました。

 

塗料の伸びは良いので、塗りやすいですよ。

鉢の上半分、あるいは下半分を塗って、1時間乾かします。

乾いたら残りの半分を塗って、下地の完成です。

小生が塗る部分は、外側全面と内側は上部(土で隠れない部分)2-3cmです。

 

マルチプライマーは乾く時間のも早いので、実際は10分もしたら触っても手につかないです。気候にもよりますが、30分ぐらい乾かせば塗料を塗れると思います。

 

↓↓ マルチプライマーのAmazon購入ページ ↓↓

ターナー色彩 メディウム ミルクペイント マルチプライマー 200ml MK200208

色付け

下地のマルチプライマーが乾いたら、ミルクペイント for ガーデンを塗っていきます。

今度はいかにもアクリル塗料といった感じです。

よく伸び塗りやすいですから、やはりプラモデル用の筆で塗るのがいいですね。

 

こちらの塗料は、マルチプライマーと比べて乾くのに時間がかかります。10分では足りませんのでご注意を。

30分から1時間程度置いて、様子を見てください。

下半分を塗って乾かしてから残りを塗るという段取りで。

f:id:gensank:20190317123613j:plain

ミッドナイト ブルーの色合いですが、思ったより明るいブルーです。

見慣れると渋いブルーグレーって感じですよ。

 

植付けは塗装の翌日以降が望ましいですね。

 

↓↓ ミルクペイント for ガーデン(ミッドナイトブルー)のAmazon購入ページ ↓↓

ターナー色彩 アクリル絵具 ミルクペイント for ガーデン ミッドナイトブルー MKG20353 200ml

乾いたら植付け

実際にサボテン(銀粧玉)を2.5 号鉢に植えてみました。

f:id:gensank:20190317123707j:plain

どうですかね、悪くない感じですね。

 

実際使ってみて、陽に当たった部分は高温になりますし、水捌けについても問題を感じません。(水捌けは用土に依るところが大きいですが)

一応コンセプト通りということで、現状では満足して使っている次第です。

 

皆さんもオリジナルの素焼鉢で、サボテン栽培どうですか?


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

 

    お問合わせ.