週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

この冬、頑張った多年草は?

朝寒い日もありますが、もう冬とは言えませんね。

春を迎えるにあたり冬を振返り、葉を落さずに冬越しをした多年草を称えたいと思います。

 

寒い冬、多くの植物は休眠体制に入ります。

草でも地上部を枯らして根だけになって休眠する種と、葉を残したまま休眠する種があるわけです。

葉が少なくなって閑散とする冬庭で、常緑種は目立ちますよね。で、寒さに耐えている我が身と重ねて非常に同情してみたり、仲間意識を持ってみたり、とにかく気になる。

 

あなた、寒いの好きなのね

寒くなってから、一番活き活きとしていたのはゲラニウムのビル ウォーリスです。

f:id:gensank:20190318205318j:plain
最初の個体は梅雨の時期にお迎えしたのですが、夏越しが叶いませんでした。

それならばと秋植えに挑戦、この子は2代目です。

植えた時の大きさで春を迎えると思いきや、紅葉するでもなく、少しずつ葉を増やし続けてひと回り大きくなって今蕾を上げ始めました。寒さに強いと言うより、寒いのが好きな感じです。

課題の夏越しがますます不安になっていますが、株に体力がついて適応できることを祈る他ありません。

 

こちらは耐えてる感出してました

一方、ゲラニウムでも強健なのがウリのサンギニウム ナヌム

f:id:gensank:20190318205858j:plain
アケボノフウロですね。

春にお迎えして、夏は少しバテつつ乗り切り、間もなく2年目です。

秋に動きを止めてから年末頃に数枚の葉が紅葉しました。全体的にシンナリした感じで、いかにも寒さに耐えてる風情がありましたね。

秋以降、新葉の展開はなかったようですが、それぞれの葉が大きくなりましたかね?今は真ん中から新葉が固まって出てきてます。

今年は大きくなりそうな予感がしています。

 

身を挺して耐える

去年の秋はポテンティラ が気になって、2品種お迎えしました。

ホント、イチゴそっくりの葉ですよね。

一般にポテンティラ なんてマイナー植物の存在は知られていませんから、みんなイチゴと間違えます。今度イチゴと並べて植えてみようかなー。

f:id:gensank:20190318210313j:plain

で、冬越しを果たしたポテンティラ 。

奥がヘレン ジェーンで、手前がモナーク ベルベットだったハズ。

秋植えなので、まだ花を見ていません。

この植物は、秋遅くに残っていた葉が冬の間に大きくなりました。

2月に入ってから動き始め、新葉が出て来たと思ったら、冬越しした葉が枯れてしまいました。ここで葉が新旧入れ替るんですね。

株元を守って、次世代が出てきたら役目を終えて去って行くという趣きで、まことに味わい深い。

花も楽しみなのですが、夏越しはどうなんでしょうね。

 

常緑の多年草は他にもあって、それぞれ思うところがあるんです。そのうち続きを。


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

 

    お問合わせ.