週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

ブラックベリーとカシス、対照的な花の味わい

 

長期休暇を満喫しているのですが、特にどこかへ行くわけでもなく庭でごそごそやっています。

連休後半になったくらいからモッコウバラが意外と強く香っていて、風向きによっては作業中に甘酸っぱい香りに包まれます。酸っぱい成分が強くて独特ですが、悪くないです。

f:id:gensank:20190503163453j:plain

満開ですがちょっと散り始め、まだ十分に目を奪われる美しさです。

 

ですが本題はモッコウバラではなく果樹にしますね、ブルーベリーに続いての紹介です。

 

ブラックベリーの花、素晴らしく白く美しい

まずは無銘のブラックベリーです。ちょっと前から次々に咲いていて、侮れない美しさなんです。

f:id:gensank:20190501194016j:plain

ブラックベリーの花、この白さに比肩するものは無いかもしれません。本当に白く、抜けるように白く、混じりけナシに白いです。

f:id:gensank:20190501194427j:plain

香りもなく、花持ちも悪くてアッという間に散ってしまいますが、この白さ、毎年目を奪われてしまいます。蕾がほころび始めてから、とにかく暗い庭で目立つんです。

それにしてもこの花の感じ、バラの仲間ですよね。左に見える小さな蕾なんか、形はそのままバラの蕾、画像を切取ってバラの蕾だと言えばロザリアンは誰も疑わないんじゃないでしょうか。

 

そんな我が家のブラックベリー、全体の姿はこんな感じです。

f:id:gensank:20190505161604j:plain

前年の秋、新梢をヒモでまとめて支柱につるします。長い枝はグルんと丸くまとめて下方に垂らしています。こうすることでスペースを節約しているつもりです。

 

ブラックベリーは春から秋に新梢が発生し、そこに翌年実がなります。で、開花・結実した枝はその年の秋遅くに必ず根元から枯れます。ですからこの時期まとめてある枝は収穫後に全部根元から切ってしまうのです。

一方、これから新しく出てくる枝は別にまとめておいて翌年の収穫まで大切に管理します。

ブラックベリーは地下茎で増えるタイプですので、知らないうちに望んでいないところで根付いたりしますので要注意です。そのほか、伸びた枝を地上に這わせて放置しているとあちこちから発根して根付いてしまうので、これも注意です。それほど深く根を張ることはないので、抜くのは簡単ですが。

こういった性質は強健性の裏返しですので基本的には放置で収穫可能、スペースをうまく確保できれば楽しい果樹ですよ

 

果実はどうでしょうか

透通るような白さの花はアッという間に終わりまして、そこから実の季節になるわけです。

ところがこれが収穫の難しい、厄介なシロモノなのですね。

完熟を目指して漆黒になるまで様子を見ていると、たちまちカビが生えて収穫不能になってしまいます。雨なんか降ると間違いなくカビます。

 ですから多少赤味が残っていても収穫するのですが、もちろん収穫後も日持ちしませんから、すぐに冷凍するしかありません。

完熟果は種が口に残ると思いますが味は絶品、香り高く酸味も程よく、いかにもベリーの味わいに富んでいて素晴らしいものです。ただこれが完熟にならなないと味と香りが乗らないのですね。

そんなこんなで、収穫時には何かと気を遣う必要があります。

 

追記

2019年ブラックベリーの収穫記事もご覧くださいね。

www.gensan.blue

 

カシスの花は探さないとわかりません

ブルーベリー、ブラックベリーに続き、残るベリーはカシス、ブラックカラントです。このカシスもただ今開花期を迎えています。

f:id:gensank:20190501203604j:plain

どうです、この地味な花。ブラックベリーと好対照ですね。その気になって探さないと見つかりません。

今年で3年目ですが、写真に収めたのは初めてです。目立たないので毎年見逃してしまいます。ホント、咲いてるのに気付かない控えめぶりなんです。

 

味わいのあるカシスの木

我が家のカシス、ブラックベリーと同様に無銘です。もともと寒冷地に適しているようですが、暖地向きの品種とかないんですかね。

今のところのお姿はこんな感じです。

f:id:gensank:20190502060413j:plain

 リナリアとかヒマラヤユキノシタに埋もれていますが、真ん中で元気に茂っているブドウの葉っぱみたいなのは全部カシスです。

夏の直射日光と乾燥に弱いみたいですので、明るい日陰に植えています。

株元の加湿を嫌うようで、最初に植えた一本を枯らしてしまいました。二代目は周囲より小高くして植付けたところ、元気に夏越しできました。

 

カシス、なかなか花が付かないんです

二代目がうまく根付いたので収穫を期待していたのですが、我が家のカシスはまだほとんど実りがありません。去年2年目だったと思うのですが、穫れたのはほんの数個。まだまだ味わうところまでいっていません。

実は、日陰の場所は確保しやすいので、カシスはもう一本あるのです。

f:id:gensank:20190502062050j:plain

枝一本で売れ残っていたのが安くなっていたので、思わずお迎えしてしまいました。ようやくここまで枝数が増えてきましたがまだまだです。もちろん収穫実績もありません。もう少し大きくなって欲しいですね。

これで手がかかる木だったら挫けているところですが、カシスもブラックベリーと同様、特に病害虫がつきません。無農薬でもアブラムシやハダニに困ったことはありません。唯一バッタが好んで葉を食害しますので、見つけ次第捕殺しないとみすぼらしい姿にされてしまいます。

 いつになったらカシスジャムを作れるのか、先は見えませんがお世話いらずなので気長に待ちましょう。

 

ご覧いただいたベリーは栽培に手がかからず、それほどスペースも取らないので皆さんもいかがですか?


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

    お問合わせ.