週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

ゴールデン セレブレーション、初めてのオベリスクで

 

天気が良いですが、朝と昼の寒暖差が大きいですね。

この気候で、弱いバラにうどん粉病が見られるようになってきました。

アブラムシも絶えないですけど、これからは病気の季節でうどん粉病の次は黒星病。何とか乗切りましょう!

そういえば、この春はバラゾウムシの被害が少なかったのは望外の喜びでした。

とは言え、結局3鉢もダメにしてしまい、2株はブラインドで一つも花が付かなかったりして、バラゾウムシには魅力がない庭だったことも事実です。今年はバラに関してはお恥ずかしい春を過ごしています。

 

そんな困難な状況ですがようやく我が家でもモッコウバラに次ぐ開花が始まりましたので、紹介します。

 

ゴールデン セレブレーションがこの春も無事咲いてくれました!

我が家で早咲きと言えば、ゴールデン セレブレーションです。去年もモッコウバラを除けば一番早くに咲きました。

今年は5月5日に最初の開花となりました。

f:id:gensank:20190506182526j:plain

今年も見事なカップ咲き、黄色ですがかなりオレンジに寄った絶妙な色、香りも強いフルーツ香です。しばらくぶりのバラ香りはハッとさせられる良さがあります。

大きさは直径約8 cmです。小さな鉢で育てている割に多数の蕾を持たせましたから、ちょっと小さめかもしれません。

一輪の大きさを犠牲にしても数多くの花を付けてくれる花付きの良い品種、ということでよろしいかと。

翌日にはこのようにロゼット咲きに進化

f:id:gensank:20190506182643j:plain

 ここまでは十分今どきのバラと同様のスペックを発揮しているかと思います。

で、最初の花が咲いた時の全体像でーす。

f:id:gensank:20190506182916j:plain

7号鉢にしては十分な数の蕾だと 思っています。よくやった。

初めてオベリスク仕立てに挑戦したのですが、思ったより誘引した枝の間隔が広すぎましたね、もう少し密にしてもよかったです。

今年はもっと枝を伸ばしてもらって、グリグリ巻きつけましょう。

ともかく、思ったより万遍なく蕾が付いてくれたのが嬉しいですね。

 

ゴールデン セレブレーションのあゆみ

ゴールデン セレブレーションをお迎えしたのは去年の3月末、ちょうどイングリッシュ ローズのセールがあったので、黄色かオレンジで選びました。

人気のジュードやエマなんかは既に無かったんですね。たまたま出会ったのが、ゴールデン セレブレーション。こういった巡り合わせを大切にしています。

お迎えした時の様子がこちらです

f:id:gensank:20190504164346j:plain

で、お迎えした時につけていた蕾をそのまま咲かせました。

f:id:gensank:20190504165314j:plain
この時の春の花は手のひらと同じくらいの大輪でした。いや、お見事。

春に出た枝に一通り花を付け、切戻した後も一回返り咲いたかな?その後はひたすら枝を伸ばして、秋には軽く1 mを越えるほどになりました。

リサーチが行き届いていなかったので最初は木立樹形で育てるつもりでいたのですが、全然無理でした。夏ごろには枝が自立できなくなったので7号鉢に設置できるオベリスクを設置しました。枝は大切に伸ばしつつ、12月には土替え、剪定、誘引と初めてのつるバラ冬作業を楽しんだ結果がこちらになります。

f:id:gensank:20190504170203j:plain

ゴールデン セレブレーションの枝はトゲが少なく、細くてしなやかなので、とても扱いやすいです。株が成熟してからもこういった細い枝を出してくれますように。

 

病気に関する実感

ゴールデン セレブレーションは病気には強い印象です。昨年は薬剤散布しましたが、黒星病やうどん粉病にかかる気配はありませんでした。

害虫にも特に好かれていた印象はありません。

総じて安心して育てています。

 

 

 ゴールデン セレブレーション、目立たないけど良いバラですよ

ゴールデン セレブレーションは1992年作出の品種ですが、いまだに現役でカタログに収載されているようですから、アッパレではないですか。毎年次々と新しい品種が出て入替わりがある中で、もう25年以上ですよ。

ただ残念ながら、グラハム トーマスなどの影に隠れてあまり言及される機会が無いようですね。

 

先ほどとは別の、今年の花。小生はいつもヒマワリを想起するのですが。

f:id:gensank:20190508204524j:plain

花の色はこのように最初濃いですが、徐々に褪色していきます。

薄い色合いになった時もキレイですよ。

 

それから葉は明るい緑色でそれほどツヤはありません、比較的細い形で周辺が巻いているのが特徴です。

f:id:gensank:20190508062952j:plain

小生は花とマッチしていて好ましい葉だと思いますが、個性的なのでお迎えをお考えの方はその点検討事項になさった方がいいと思います。

 

小生は縁あってゴールデン セレブレーションをお迎えしていますが、十分個性的で良いバラだなぁと思いながら、一輪一輪咲いていくのを楽しく見守っている次第です。

満開までまだ時間がありますから、楽しみも長くてシアワセです。

↓↓こちらはバラの家さんの購入ページです!


【大苗】バラ苗 ゴールデンセレブレーション (ER黄) 輸入苗 6号鉢植え品《ER-Y》


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

    お問合わせ.