週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

生長著しい玉翁と動かない金洋丸

 

サボテンたちも庭同様に、花がひと段落してしまいました。

置き場所のベランダは寂しくなっています。

花が無い時期のサボテンは球体の生長モード。のハズですが、実際には目に見えて育っているコもいれば沈黙を守っているコもいるようです。

同じ属はできるだけ同じ環境で育てているんですけど、違いが出てしまうんですねえ。

種によって好みの環境になっていないのか、それとも個体としての問題なのか、どっちなんでしょう。

 

玉翁は目に見えて大きくなった

我が家のサボテンはまだお仲間がそう多くありませんが、それでもマミラリア属は何種か迎えています。

その中で一番目立って生長しているのが玉翁です。

5月下旬は球径約2 cmでした。

f:id:gensank:20190630095252j:plain

実に頼りない指先くらいの大きさ。

それが現在2.3 cm、10%も大きくなっています。

f:id:gensank:20190630095503j:plain

こうしてみると高さも出ていますねえ。よしよし。

それでもまだまだ小さい個体ですから、地肌が見えている状態です。

玉翁らしい白い毛に覆われる姿になるのはまだまだ先ですねえ。

それでも生長に伴って刺も長くなってきましたし、ところどころ白い毛が長く伸びているのも見えてきています。

白サボテン化に向けて着実に歩んでいることを実感できますので、見てて楽しい。

f:id:gensank:20190630100243j:plain

新しい刺を出している感じが出ています。

一方で頑なな金洋丸

同じ時期にお迎えしたマミラリアの金洋丸は好対照です。

お迎えした時から全く動いてくれません。

f:id:gensank:20190630100629j:plain

これで球径約2 cm。

お迎えしてから半年ほど経っていますが、まったく生長の気配がありません。

この生長が止まっていて動きが無いっていうのをお伝えするのは難しいものですね(笑)

経時的に同じ角度から写真撮影して刺の配置などを仔細に比べたりしても、やっぱり全く動いていません。

f:id:gensank:20190630101123j:plain

生長はしませんが、地肌の色も悪くないように見えますし、刺が抜けたりする悪い兆候もありません。

金洋丸の刺は金色で美しく、現在でもその美しさは保たれています。もしかしたら刺の長さなんかは少し長くなっているかもしれませんね。それとも根を伸ばしたりしてるんでしょうか。

健康的ならそれで良し

玉翁と金洋丸はいつも隣合せになっています。午前中だけ直射日光が当たる環境で、水遣りは最近週一回にしています。元肥も入れていますから、根が動いていれば栄養は確保できるはず。

もうやることはありません(笑)

玉翁は育っているし、金洋丸も不健康そうには見えませんので、このまま見守っていくことにしましょう。下手にイジるとよろしくありません。

 

サボテンが生長を止めることがあるって聞いたことはありましたが、こんな感じなんですねえ。これはこれで面白いものです。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

    お問合わせ.