週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

青いタンポポって風情で揺れるスカビオサ ピンクッション ブルー

 

ここ関東地方も陽射しのない毎日で、これが梅雨っていう季節を満喫しています。

意のままになりませんからねえ。

この何週間か庭の手入れもままならないので、さすがに乱れてきています。

実は昨日、雨が降らない予報をアテにして有休消化しましたよ。芝刈って生垣のツツジとサツキを刈込んで、見苦しさレベルを少し下げることができて落着きました。

やれやれ。

 

小さなスカビオサ

つい先日は黒いスカビオサを紹介しました。草丈が出るタイプでしたね。
www.gensan.blue

 今日は同じスカビオサですが、昨春から1年以上我が家で過ごしているピンクッション ブルーを紹介。

f:id:gensank:20190702211202j:plain

青花のスカビオサです。

エースオブスペードと決定的に違うのは、草丈です。

ピンクッションブルーは小くてカワイイ草姿がウリですね。

f:id:gensank:20190702211454j:plain

小さな茂みになっているロゼットからシュッと花茎を上げて、先端にポワポワの青い花を付けます。花の高さは測っていませんが、そうですね、10~15 cmくらいでしょうか。

いつも、まったく青いタンポポだねえ、と思いながら眺めています。

スカビオサ ピンクッション ブルーのあらまし

ピンクッション ブルーはScabiosa columbaria の品種のようです。もともと大きくならない種のようですが、この品種はその中でも矮性種みたいですね。

ピンクッションはpin+cushonで針刺しですね。スカビオサ自体が英語名でpincushon flowerとのことですから、あまり気の利いた品種名ではありませんね。

同じS. columariaでブルーバルーンという品種を最近多く目にします。

我が家にも導入してこちらも2年目なのですが、随分と縮んでしまいました。

f:id:gensank:20190702213223j:plain

これで上のピンクッションブルーの半分ぐらいの大きさしかありません。マイクロ スカビオサと呼びたくなるくらいで、良く花が咲いたものだと感心します。

実は昨年は両スカビオサを並べて植えていたのですが、もしかしたらどこかで取り違えているかもしれません。

花の色、形、大きさも全然違いが判らなかったんですけど、2年目に差がつくんですね。これは品種のせいでは無くて個体差なのかもしれませんが。

3年目はどうでしょうか

昨年も夏以降はあまり大きくならず、冬に随分縮んでしまいました。

これは消えちゃうかな?とほぼ諦めていたくらいですから、現在ここまで花を咲かせてくれているのは望外の幸せです。

もう少し大きく育ってもいいんですけど、ピンクッションブルーでも去年より少し大きいくらいです。ブルーバルーンは消えちゃうかもですね。

f:id:gensank:20190702214022j:plain

咲き始めの花はいかにもスカビオサです。

f:id:gensank:20190702214130j:plain

スカビオサは割と好きなので、何とか3年目の花も見たいですね。

その前に秋にも少し咲くはずです。まずは夏越し、頑張ってもらいましょう。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

    お問合わせ.