週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

ゴールド スタンダードは株分けして植えてみました~2019年春にお迎えしたホスタ(その3)

 

小生がホスタの苗を買い漁った2019年春。

お迎えした品種紹介の第3回です。ノンビリしたシリーズになっております(^_^;)

黄色葉を求めてゴールド スタンダード

我が家のホスタに黄色葉の品種が無いことに気づきまして、一つ欲しいなあと早くから考えていました。

特に下調べもせずにボンヤリとしていたところ、近所のホームセンターでホスタ苗が入荷していまして、その中にゴールド スタンダードがありました。

これでいいじゃん、とよく考えずにお迎えしてしまいました。

f:id:gensank:20190707082114j:plain

最初から株分けできそうだったので、分割して植えてみました。

↓↓ 一番大きなゴールド スタンダード1号

f:id:gensank:20190707082939j:plain
7月上旬の様子。

ゴールド スタンダードはイエローの葉にグリーンの縁取りのハズなんですけど、あまりきれいな縁取りにならないですね。代わりに葉脈に沿ってグリーンが混じったりしています。模様が不安定な品種なのか、個体差なのか、どうなのでしょうか?

↓↓ 2号はこちら、株分け時に一回り小さな株になってしまいました。

f:id:gensank:20190707083037j:plain

1号の環境よりも暗い場所だと思います。葉色はイエローが強いかな?グリーンの入りかたは1号と同様です。

↓↓ 実はさらに3号もいます。

f:id:gensank:20190707083422j:plain

こちらは株分け時に意図せず外れてしまった極小苗。最初は根も無かったところ、今ではちゃんと根付いているようです。ホスタは基本的に強い植物ですねえ。

この株の模様が一番きれいな気がしています。イエロー葉にグリーンの縁取り。雑草に負けないように管理してやらないといけませんね。

3か所それぞれの環境が違いますので、どれが健康的かつキレイな葉色に育つのか興味が湧くところです。

 

ゴールド スタンダードのあらまし

ゴールド スタンダードは1976年作出で、「Fortunei Hyacinthina」の変異株。

イエローの葉色品種の中では有名みたいですね。

何よりMyHostas Databeseによると随分多くの品種親になっています。ほとんどが変異によるものみたいなので、形質が不安定なんでしょうかね。いえ、いい加減なこと言ってて全然知らないんですけど。

気になったので「hosta gold standard」でgoogle先生に画像を集めてもらいました。世の中のゴールド スタンダードには、割とシッカリしたグリーンの縁取りの個体もいる一方で我が家の個体のようにイエローが勝っているのもあるようですね。まあ古い系統なので、元の形質から変わっていってしまうのは仕方ないのかもしれません。

ホスタをお迎えする際には、品種名だけでなく実際の葉色で気に入ったのを選ぶのが正解なんでしょうね。

ゴールド スタンダードの株分けはうまくいきませんでしたが

苗を買ってきて、そのまま根鉢を崩さないように植付けて、っていうセオリーは失敗確率を低減するためには良いかと思います。

でもたまにはこうやって無理に株分けしちゃうようなお遊びもやってみたくなりませんか?小生はセオリーを知りつつ違う道で冒険をするのが楽しみでもありますので、植物虐待などと硬いことは言いっこナシでお願いしますね(笑)

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

    お問合わせ.