週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

アグラオネマ マリアとスパティフィラムが我が家の室内組です

 

我が家では小生だけが嬉々として植物栽培に興じておりまして、家族はあまり庭に目を向けません。

興味が無いのは仕方ありません。

そんな家族も室内の観葉植物は割と好きみたいで、家族の一員みたいに感じてくれているようです。

陽当たりを考慮して鉢を移動させたりするのも、あまり苦にしません。

身近にあると愛着が湧くんだなあと感心しつつ、室内と庭の間に高い壁があるのが不思議でなりません。

 

アグラオネマ マリアが開花してしまいました

室内の観葉植物といっても去年の秋にお迎えしたアグラオネマスパティフィラムが居るだけです。まだ小さいですし、大したことありません。

アグラオネマは多分マリアです。

f:id:gensank:20190714083138j:plain

こんな葉っぱのコ。

葉っぱ3枚ぐらいのミニ観葉扱いで売っていたので、お迎えしてみました。

不安だった冬越しも達成して、無事2年目を迎えられそうです。

今ではこんな感じで、よく茂ってくれているんです。

f:id:gensank:20190714083552j:plain

デルバールの3号鉢です(笑)サイズが丁度よかったものですから。

見ていただきたいのは中央の白いモノです。

f:id:gensank:20190714092030j:plain

これどうも花みたいです。なんと地味な。

この後もう少し開きました。

f:id:gensank:20190714092146j:plain

この花を目当てに栽培しているヒトは居ないでしょうねー。断言できるくらい地味で華のない花です。

見慣れるとどこか愛嬌があってカワイイですけど。

f:id:gensank:20190714092403j:plain

それにしても観葉植物の写真がヘタクソですね。

なかなかカッコよく光が当てられませんでした。

アグラオネマはもう少し種類を増やしてもいいと思うくらい気に入っています。

幸か不幸か、アグラオネマも売ってないんですよねえ。立派なシルバー クイーンはたまに見かけますけど、育てるのが楽しいのでちっちゃくていいんです。

ま、別の個体を探す前にカッコいい鉢に替えないといけませんね。

もう一つはスパティフィラム

アグラオネマの他に置いてあるのはスパティフィラムです。

これはよく見かけますね。小生はビニールポットに植えてあったお安いのを目ざとく見つけて、昨秋お迎えしました。品種があるようですが、我が家の株は無銘です。

スパティフィラムは冬もじわじわ動いて葉を出し続けていました。

これが5月上旬。

f:id:gensank:20190714093342j:plain

鉢は4号鉢です。こっちはちゃんと買いました。

スパティフィラムは花も楽しめるのがいいんですよね。

f:id:gensank:20190714134903j:plain

今年は5月下旬に2本だけ花穂をつけてくれました。

花穂が付かない枝が多かったのは残念です。農家さんは見事に花をつけた鉢をつくりますけど、どうやってるんでしょうね?

第一花穂が伸びすぎです。これは肥料過多の気配がありますねえ。

f:id:gensank:20190714135225j:plain

真ん中の穂が花の集まり、覆っている白い部分は仏炎苞。

仏炎苞は咲き始めが純白で、古くなるにつれてだんだんとグリーンになっていきます。

f:id:gensank:20190714135429j:plain

さすがに今はもう花をカットしています。

花後はまた旺盛に葉を増やしていっています。

室内組の方針

今のところアグラオネマスパティフィラムもただ大きくする方向で栽培しています。

特にスパティフィラムは生長も早いので、来年また鉢増しの予感です。空いた鉢にアグラオネマを植替えられたらいいなあ。どっちも育って欲しい。

ところでスパティフィラムってどこまで大きくなるんでしょうか。

巨大化したら楽しそうだけど、品種ごとに違うんでしょうね。

スパティフィラムにこだわりはないので、この手の観葉植物で大きくなるの育ててみたいなあ。

モンステラあたりがいいですかね?

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

    お問合わせ.