週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

すっかりグリーンになったホスタのトゥルー ブルーが開花しました

急に暑くなりまして、小生が一番困るのが週末ランニング。

暑熱順応が苦手な体質のようで、夏はまともなトレーニングになりません。

脚が疲れる前に身体が熱くなって、力を入れられなくなってしまいます。

熱中症気味になると数日響きますので(何回かやっていて危ないです)、無理せずスピード系の練習にしましょう。そう言いつつ無理したくなっちゃうので、自戒の意味を込めて。

トゥルーブルーの開花

ホスタの開花、フランシーに続いてはトゥルーブルーです。

この時期で他に花穂があがってきていませんので、これでホスタの花は終わりかもしれません。ちゃんと育てて、来年はもう少し色々な花を比較してみたいなあ。

さて、我が家で唯一のブルー系ホスタ、トゥルーブルーのお花です。

f:id:gensank:20190727175046j:plain

こう見ると、ホスタの花は違いが良くわかりませんね。

前回のフランシーはユリのようにシッカリ開きましたが、トゥルーブルーは花弁が内側に丸くなっているせいで、あまりきれいに開かないようです。

コロンとした花が控えめに開く感じです。

おそらく気候のせいではなくて、こういった特性なんだと思っています。

色はホスタはどれも似ていますね。白い花弁の中央が淡いパープルです。

トゥルー ブルーはこの時期グリーンになってます

前回、トゥルー ブルーをご紹介したのは梅雨入りしてチョットしてからでした。

www.gensan.blue

タイトルで「今が一番キレイ」かもしれない、としたのは、トゥルー ブルーは去年の開花時期にはブルー葉ではなくなっていたからなんです。

多分、葉の表面のブルーに見せる粉?が雨で落ちちゃうんですよ。

去年の開花の様子です。

f:id:gensank:20190727180330j:plain

花にフォーカスしているので、葉はピンボケでゴメンナサイ。

でも普通のグリーンの葉なのがお分かりかと思います。

さて今年の開花の様子ですが、

f:id:gensank:20190727180502j:plain

やっぱり濃いグリーンになっています。照葉みたいになっているので反射して光ってますね。

この時期までブルー葉だったらなおいいんですけど、品種特性なら仕方ありませんね。

昨日の葉のアップです。

f:id:gensank:20190727180719j:plain

濃グリーンの照葉で、ブルーではありません。ではブルー葉は6月の写真でご確認ください。

f:id:gensank:20190727180844j:plain

あれ?意外と判りにくいでしょうか?

こちらはマットな色合いでブルーなんです。

他のブルー種はどうなんですか?

梅雨の間にブルーが落ちてしまうのって、トゥルー ブルー以外のブルー種はどうなんでしょうか??

ハルシオンなどをお迎えして、比較してみたくなってきましたね。

もう季節外れですので、春の苗が売れ残って投売りされてたりしないかな。

小さな株でも開花姿が美しいです

トゥルー ブルーは花穂がそれほど高くならないので、小さな株でもバランスの良い開花姿になります。

f:id:gensank:20190727181413j:plain

今年は今年の株のサイズに合った花穂の高さ、去年も一回り小さな株に低い花穂でした。

花穂が高すぎるフランシーなんかと比べると、キレイです。

 

開花に合わせてご紹介したトゥルー ブルー、御覧のように花の前に株がまだまだ未熟です。もっと重なり合うように葉が茂ってくれないといけませんよね。

早めに花穂はカットして、株の充実を促すようにしたいと思っているところです。

 

    お問合わせ.