週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

ゴールデン セレブレーションは満足の返り咲き、ガートルード ジェキルに期待するのは酷

 

やっと梅雨が明けましたねえ。先日の日曜日には、散髪して、久しぶりに洗車して気分も晴れやか。

今日の記事は我が家のイングリッシュ ローズです。一番花の後、返り咲きの様子を見つめながら感じたことをひとしきり。

 

春のゴールデン セレブレーション振返り

春はオベリスクで(それなりに)キレイに咲いてくれたゴールデン セレブレーション。

↓↓ 詳細はこちらをご覧ください。

www.gensan.blue

 おそらく記事の直後ぐらいが一番花が多かったみたいです。モチロン紹介できていませんので、最盛期の様子がこちらです。

f:id:gensank:20190727213147j:plain

まあまあですね、ちょっと残念なくらい(笑)

今年のオベリスクは枝の間隔が開きすぎでした。そこ、反省です。

来年はもっと長い枝を密に誘引したいですね。

返り咲きのゴールデン セレブレーションが想いの外よかった

ゴールデン セレブレーションは2番花まで咲いてくれるので期待していたところ、丁度気温が低めの時期に開花してくれました。

7月中旬です。

f:id:gensank:20190724205214j:plain

ほのかにオレンジが入った落ち着いたイエロー、良い色ですね。

f:id:gensank:20190724210444j:plain

さすがに春の花弁数には及びませんが、十分な花型です。

他に花の少ない時期ですので、乱れずに1輪咲くだけで絶大な存在感です。

香りも安定のフルーツ香で、風向きによっては咲いているのが香りでわかります。

長期間ポツポツ咲いています

ちょっと遡って、こちらは夏顔になってしまった6月下旬の花です。

f:id:gensank:20190724210822j:plain

この時は陽が射したのかもしれませんね。

春の開花が5月末に終わったので、それから1ヶ月後の2番花ということになります。

↓↓ 打って変わって、こちらは7月下旬のお花。

f:id:gensank:20190724211221j:plain

気温が上がってきたので、色も抜けてきています。

7月中旬を中心にポツポツと咲いてくれましたが、そろそろ終わりですね。

ゴールデン セレブレーションはオベリスクではあまり本領を発揮していないかもしれません。その代わり二番花まで含めた総合力で、これからも我が家の黄バラ代表として君臨してもらいたいと思っています。

次はまた来年の春ですね、名残惜しい。

オベリスク仲間のガートルード ジェキルは

我が家でオベリスク仕立てにしているのはもう一つ、ガートルード ジェキル。

 ↓↓ 紹介したのは5月中旬の記事ですか。

www.gensan.blue

 ジェキルの最盛期は、やっぱり記事の直後ぐらいですね。

f:id:gensank:20190727214847j:plain

ちょっと散った花弁がありますが、お気になさらず。

ゴールデン セレブレーションより花首が短いので、構造物に誘引するのにはジェキルの方が向いています。花付きもいいですから、ヘタクソな小生のお世話でもここまで咲いてくれました。

香りも良いし、高性能のバラです。

ほとんど一季咲きだと思っています

ジェキルも返り咲きぐらいはしてくれます。

でも、期待しない方がよろしいかと思います。ジェキルは一季咲きとの認識でいるのが精神衛生上望ましいでしょう。

我が家でも返り咲きはするんですけど、あまり鑑賞価値は高くありません。

7月中旬に咲いたこの花が、返り咲きでは一番キレイでした。

f:id:gensank:20190728173340j:plain

他は、イビツな花が咲いてしまったり、小さな花で咲いてしまったり。

f:id:gensank:20190728173533j:plain

なかなか春に匹敵するような、あるいは春とは違う魅力で咲いてもいいんですけど、そういった良花は見られませんでした。

でもいいんです。

ガートルード ジェキルは他のどんなバラよりも、我が家の春を華やかにしてくれることが今年認識できました。

春の重要な役割のために、年内はエネルギーを蓄えてもらうようにお世話続けましょう!!

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

    お問合わせ.