週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

バラの新苗栽培~ボレロが名花であることを再認識しています

 

この盛夏というか、酷暑の季節はどうやり過ごしたらいいんでしょうね。

週末に庭の宿根草を見て回るのが怖いです。

どれだけ弱っているのか心配な季節になりました。

この過酷な時期でもボレロはちゃんと咲く

梅雨の涼しい時期が長かったので、全体的にバラはよく咲いてくれました。

ところが梅雨明けからは一転して、咲く花はどれも小ぶり、花弁が少ない、すぐ傷む、花色も薄い・・・と、しばらくは咲かせないで摘蕾を第一に考えないといけません。

もうちょっと早く咲いてくれれば良かったのにね、と言葉を掛けつつ朝から凋花切りしていくのは残念至極。

そんな中ボレロだけは綺麗な花を見せているので、その耐暑性に驚いています。

f:id:gensank:20190730201128j:plain

午後に少しだけ西日が当たる日陰に過ごしています。

でもここまで花が持っているとは、ホント優秀。

f:id:gensank:20190730201359j:plain

さすがに左の花なんかは夏顔ですけど、咲き始めのアプリコットも安定して出ています。

どちらも7月末の梅雨明け後の写真ですから、酷暑の中です。

去年の初代ボレロは秋まで摘蕾していましたから、こんなに夏に強いとは知りませんでした。

 

フロリバンダですから、オールドローズより勢いがあります

我が家のボレロは今年の新苗ですから、同期のルージュモンと比べると逞しさが良くわかります。

現在の株の様子です。

f:id:gensank:20190730201847j:plain

一本枝が枝垂れてしまったので、麻紐でかるーく纏めています。

樹高は同期のバラと同等です。

ボレロの枝はシッカリしている、というより、デュブリュイやルージュモンはか弱い感じです。ハイブリッドティーフロリバンダとは雰囲気が全然違いますね。

それは個性であって良し悪しではないと思っています、念のため。

新苗ですから、いたわらなくては

オールドローズと比べて勢いを感じるとはいえボレロも新苗ですから、できるだけ無理はさせません。

以後、開いた花から切り花の方針で管理いたします。

f:id:gensank:20190730203531j:plain

でも見とれて、切るの忘れちゃうんですよねー。

f:id:gensank:20190730203638j:plain

ここは心を鬼にして、切らなくては。

ボレロの枝を太くする

ここで前回の記事

www.gensan.blue

ちゃんとこの時は秋に向けてお世話すると、宣言していました。

こうやって夏にも咲かせて、キレイキレイと言っている場合ではありませんね。

ボレロは花付きが良いので、ほそーーい枝にも蕾を付けてうなだれて咲くことが多いです。

それも風情なのですが、やっぱりシッカリした枝に充実した花を付けて、上を向いて元気に咲いてもらいたいです。

そのためには、夏剪定の時期までうまく枝を整理しながら管理しなくては。

太い枝を育てるための剪定かあ・・。

これは・・・ウデを試されている?(^_^;)

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

    お問合わせ.