週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

ハルシオンを迎えた裏道は、ホスタの小径になるだろうか?

 

さて、整地して防草シートを敷設した我が家の裏道の続きです。

過去記事

ここは、ただ防草した小径にするだけでなく、何か植えるスペースとしても活用するのが最初の計画です。

裏道と呼ぶとおり、午前中の1時間程度陽が射すだけ。基本的には日陰の小径ですから、植えられるのはシェードガーデン用の耐陰性が強い植物しかないですね。

我が家は四方が陽当たり悪いので、どこも同じという(笑)

好きなホスタを植えてみましょう

シェードガーデン用の植物で一番好きなのはホスタですから、まずは試しに植えてみましょう。

↓↓ この通路の右側に植えたいと思っています。

f:id:gensank:20190810105704j:plain

シートの端が見えているので、植えたい場所を少し持ち上げてハサミで切込みを入れます。約20 cm切ってみました。

f:id:gensank:20190810105930j:plain

切った部分のシートを三角に折れば植付場所になります。

思った以上にガチガチに硬い場所でしたから、まず20 cm程度の範囲を掘って、別エリアの土を入れました。

この土壌環境、ホスタが育って大きくなった時が心配かも。

ま、その時になったら考えましょう。

 

葉焼けしたゴールドスタンダードを移植

植えるホスタですが、まず既に植えてあって調子が悪い株を移植することにします。

春にゴールドスタンダードを3ヶ所に植えたことをご紹介しました。

www.gensan.blue

 株分けして一番大きい株が、梅雨明けすぐに葉焼けして傷んでるんです。

日照条件はこちらの方がマイルド(良く言えば、ですねえ)ですから、おそらく養生になると思っています。

f:id:gensank:20190810110701j:plain

全然大きくならずに、葉焼けしています。

この他2枚の葉がは完全に枯れてしまったので除去しています。

この半分傷んだ葉も除去しましょう。

移植時に確認したところ、根は動いていましたから、ここでうまく育って欲しいです。

記念にハルシオン

裏道整備を考えながら、何を植えようか考えていたんです。

もう夏ですから宿根草の品揃えはどこも少ないし、慌てても仕方ないか。

と思っていたところ、近所のホームセンターでホスタが投売りされていたんです。

これ幸いと売れ残っていた中から選んだのが、ハルシオンです。

f:id:gensank:20190810111648j:plain

ブルーのホスタはトゥルーブルーがありますが、ハルシオンとの違いを見つけて楽しみたいと思っています。

植付の時期とは全くズレた季節ですが、落葉するまでにこの土地に馴染んでもらいたいものです。

秋にはもう少し仲間を増やしましょう

少し様子を見て、この環境でも活着してくれるようでしたら、他の植物も植えるようにしましょうね。

まず現状はこんな感じです。

f:id:gensank:20190810193149j:plain

むう、まだ貧相ですが、これからです。

うまくいけば植栽スペースが大幅に殖えますので、ホスタコレクションを充実させることができますね!

 

これにてお盆のノルマを一つ片づけることができて、目出度し目出度し。

 

↓↓ 園芸ネットさんのハルシオン、4号ポットなので立派な苗


■宿根草■シェードガーデンに(ギボウシ)ホスタ ハルシオン 12cmポット苗

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村