週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

夏顔のデスデモーナ

我が家のバラ、夏だからと言って特に摘蕾することも無く、自然に任せて咲いてもらっています。

夏で本来の花じゃなくても咲けば嬉しくて、その時々の美しさを感じます。

そういえば、そろそろ夏剪定の時期です。

今咲いている花が終わり次第、少し強めに剪定して、我が家の夏剪定としましょう。

今度の週末かな?

 

デスデモーナは夏の花も好き

夏の花を咲かせるのが得意なバラもいますが、多くは暑いと色や形が乱れちゃいます。

今年夢中になっているデスデモーナ、夏はこんな感じでした。

f:id:gensank:20190827205822j:plain

淡いアプリコットがちゃんと出ていて、咲き始めは最高ですね。

これで8月下旬なんですから、上出来です。

開いた姿は、というと

f:id:gensank:20190828203644j:plain
花弁が少なく、それでもカップの形を保っています。

f:id:gensank:20190901134404j:plain
クリクリのダリアみたいにはなりませんから、夏でも比較的涼し気。

ただ、香りは弱いですね。

f:id:gensank:20190901134544j:plain

花数も少ないので、一輪が貴重です。

樹勢の弱さを感じています

デスデモーナを半年近く栽培して、一番気になるのは樹勢の弱さです。

ハイブリッド ティーのような力強い枝は出てきません。

オールドローズの新苗みたいな弱い枝が出て、数枚葉を出したらすぐ蕾を付ける。

あまり樹が充実していく感じがしないんです。f:id:gensank:20190901141505j:plain

お迎えした時とほとんど変わらないか、むしろ小さくなったかも。

 

現在の栽培環境に問題があるとすれば、陽当たりくらいしか思いつきません。

午前中だけ直射日光が当たって、午後は日陰になります。

これを午後も陽当たりを確保することはできるのですが、どうでしょうねえ。

黒星病は相変わらず

今デスデモーナの鉢を置いてある場所ですが、陽当たりを少し犠牲にする代わりに少し雨がよけられるんです。

デスデモーナは樹勢が弱いことに加えて、黒星病になりやすそうなので、完全雨ざらしだと葉を失うのではないかと恐れています。

実際現状でも多少は雨にもあたりますので、下の方から少しづつ葉が落ちていっています。

今のところデスデモーナの印象はか弱い乙女、強健な印象のイングリッシュ ローズにもこういったお守りしなきゃいけないバラがあるんですね。

いいんです、花の美しさがありますから。

秋に向けて夏剪定でリセット

この時期我が家ではコガネムシ、カナブンが跋扈していて、そこにシャクトリムシが加わって、蕾と葉を食い荒らしています。チュウレンジハバチとウリハムシもよく見かけますから、もうヒドイものです。

そこに小生の味方はカマキリ2、3匹だけ。多勢に無勢とはこのことです。

 

夏剪定と同時に農薬散布して、秋に向けたリセットにしたいですね。

先んじて肥料は多めに与えておきました。

秋にベーサル シュートが出ることもありますからね。

バラ同好の皆さん、良花を期待してシッカリお世話を続けていきましょうね!

 

↓↓ 梅雨時のデスデモーナ、やっぱり夏よりは美しい・・・

www.gensan.blue

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

    お問合わせ.