週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

新苗フランシス デュブリュイの夏剪定~2019年

 

今日は新苗の夏剪定です。

フランシス デュブリュイいってみましょう。

オールドローズの夏剪定ってあまり聞かないですか?

我が家のバラ、オールドローズであっても四季咲きのバラなら今年は夏剪定します。

夏剪定は涼しい時期にキレイに咲いてもらうための作業ですからね。

 

春からここまでのフランシス デュブリュイ

新苗育成シリーズでここまで3回紹介してきました。

前回は7月下旬でしたね。

www.gensan.blue

ええと、その後の花は・・と。8月下旬の写真がありました。

f:id:gensank:20190908145102j:plain

珍しくキレイに咲いた一輪です。

すぐ焦げちゃいますからね。

深紅のバラ、花弁が少なくても美しいです。

 

でも、お見せできる写真はこれ一枚。

あと、虫食いで開花した花の写真がありました。

さすがにカッコ悪くてお見せできませーん。

夏を越したフランシス デュブリュイ

この一ヶ月間、お見せできる美花は付きませんでしたが、フランシス デュブリュイは元気に育っています。

↓↓ 夏剪定前の株姿です。

f:id:gensank:20190908145759j:plain

立派に生長しています。

近くで見ると枝が細くて新苗らしさを残しますが、遠目にはわかりません。

デュブリュイは横に広がるようで、放っておくと大変なことになってしまいます。

よく見ると、下の方で麻紐をまわして枝をまとめているのがお判りになると思います。

それでようやくこの株姿というわけです。

↓↓ 夏剪定後です。

f:id:gensank:20190908150221j:plain

オールドローズは冬の剪定でも深く切ることは無いようですから、夏剪定では枝の高さをそろえることだけを考えました。

とにかく遠慮して切っていて、これでも全部の枝にハサミを入れています。

細くて柔らかい枝なので、支柱はこれからも外せないです。

 

全体的に健康そうですから、イイじゃないですか。十分です。

フランシスデュブリュイの健康状態と株元

お迎えした時には一本杉状態でしたね。

それが今では・・・、

f:id:gensank:20190908150856j:plain

元の枝の両脇の芽が動いて、枝が3本になりました!

今年はこれで最低限満足できる状態です。

もう一本ベーサル シュートが出てもいいです。

 

フランシスデュブリュイは病気には強そうです。

今のところ黒星病にはほとんど無縁ですし、うどん粉病もほどんど問題になりません。

虫はシャクトリムシが結構ついてましたね。たまたまなのか、好かれる要素があるのかはまだよくわかりません。

おかげで、少しずつシャクトリムシの擬態を見破ることができるようになってきました。

 

 

秋のデュブリュイは焦げることも無く、深紅の、いやもっと深い赤黒い良花を見せてくれるんじゃないですかね。

ハードル上げすぎかな?

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

    お問合わせ.