週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

新苗マダム アルフレッド ドゥ ルージュモンの夏剪定~2019年

 

新苗のルージュモン、お迎えしてから4ヶ月半ですか。

もっと長くお世話しているように感じます。

半年にも満たないのに、すっかり馴染んでいる証ですね。

 

春からここまでのマダム アルフレッド ドゥ ルージュモン

フランシス デュブリュイとともに7月下旬に3回目の紹介をして以来ですね。

www.gensan.blue

ルージュモン、8月はほとんど咲かなかったんです。

蕾も少ないところに、コガネムシの食害。

8月中旬の一輪だけが記録に残っていました。

f:id:gensank:20190909081329j:plain

夏顔の小さい花、グリーン アイは確かにルージュモンです。

これ、夏は咲かせなくてもいいかもしれませんね。

やっぱりカップ咲きの可憐なルージュモンに会いたいです。

夏を越したマダム アルフレッド ドゥ ルージュモン

花は咲かなくても、芽は動いて生長しています。

オールドローズらしく細い枝を増やしていく様子は、見ていて優しい気分になります。

実に女性的な枝ぶり。

これに比べるとモダンローズの枝は、逞しいというか、武骨な印象になりますね。

栽培上は逞しい方が安心ですから、どっちが良いとも言えません。

↓↓ 夏剪定前のルージュモン

f:id:gensank:20190909082535j:plain

↓↓ 軽く、ホントに軽く夏剪定して、こうなりました。

f:id:gensank:20190909082825j:plain

これは、ほとんど変わりませんね(笑)

元々飛び出している枝も無かったので、全部の枝を1節だけ切戻したのと、生長中の枝が長くなりそうだったのでピンチしたのと、それだけです。

整った株姿ならば、ハサミを入れて姿を乱すことのないように、それでいいのです。

春に比べると枝数が増えているので、秋には沢山咲きますように。

マダム アルフレッド ドゥ ルージュモンの健康状態と株元

春から変わらず、ルージュモンは病気に強いです。

黒星病の気配はありませんし、少しうどん粉病になったのも克服しました。

薄い葉色で弱そうなんですけど、見かけによりませんね。

葉を落とすようなイベントは特に無く、ここまで来ています。

 

葉を落とさない代わりに、葉を食べられていました。

ルージュモンが好かれていたのはシャクトリムシです。

もう少し殺虫剤散布の頻度を上げた方がよかったです。今年はサボりすぎなのを反省します。

 

株元の様子ですが、

f:id:gensank:20190909083753j:plain

春の花後に2本ベーサル シュートが出て以来、変化ありません。

何となく、ルージュモンは秋にシュート出してくれそうな予感がするんですよねー。

今は何の気配もありませんので、本当に勘だけ。

 

今年初めてオールド ローズのお世話をしています。

なかでもルージュモンが、小生が想っていたオールドローズのイメージに一番近いようです。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

    お問合わせ.