週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

ドラマティック レインの夏剪定~2019年

 

先週末、9月14日に残りの夏剪定をやっつけました。

これで四季咲きバラの夏剪定は完了しました。

後はサボっている農薬散布を予定通りに実施して、施肥しながら秋の花を待つばかりです。

夏剪定の記事も残りわずかです。

 

春からここまでのドラマティック レイン

そうでした、春の一番花の後はドラマティック レインを全然記事にしていなかった。

www.gensan.blue

もう廃版のバラで、あまり遭遇する機会も無いかと思います。

だからといって気難しいバラかと言うと、そうでもない。

この春の記事で紹介したように、花付きは良いし、色も良いし、香りは良いし、枝も旺盛に出すし、良いバラです。

↓↓ 7月下旬のドラマティック レイン

f:id:gensank:20190915180136j:plain

青みがかった濃ピンク。

程よく花弁が少なく、剣弁にもならずにふんわり咲くのが味わいです。

↓↓ 8月下旬のお花も、変わらず整っています。

f:id:gensank:20190915180446j:plain

ドラマティックレインの夏花は、もっとアッサリすることが多いです。

そのアッサリ花を切花にするのが好きで、楽しみにしていました。

ところが今年はバタバタで、積極的に蕾を切っていく時間が無かったのが残念。

もう少し浮世離れた生活をさせてくれないかな。

夏を越したドラマティック レイン

ハイブリッドティー系統らしい雰囲気に、良く伸びる枝がドラマティックレインの個性です。

↓↓ これが夏剪定前。

f:id:gensank:20190915181304j:plain

細い枝にも良く花が咲き、トゲが少なく節間が長い。

その結果、割と背は高くなります。

↓↓ 剪定後のお姿。

f:id:gensank:20190915181530j:plain

半分ぐらいの高さにして、細い枝も多く落としました。

花数が多すぎないように意識してみた結果です。

ドラマティック レインの健康状態と株元

去年までの経験から、ドラマティック レインが黒星病に弱めなのがわかっていました。

そこで今年は雨が当たりにくい場所を鉢置き場にしています。

効果はあるようで、今のところ目立った被害はありません。

 

ドラマティック レインは枝の更新サイクルが早いです。

ベーサルシュートをよく出し、代わりに古い枝は枯れます。

f:id:gensank:20190916095921j:plain

奥に見えるピカピカの枝が、今年春に出たシュートです。

で、今回の夏剪定では、真ん中の枝が枯れていたので切り落としました。

枝6本あれば、これ以上は望みません。

十分な花数とキレイな樹形が確保されています。

 

秋のドラマティック レインは青味が強く出るので、楽しみです。

そのまま咲かせてもキレイなのですが、切花にして咲かせた時が一番青くなります。

良い花が咲きますように。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

    お問合わせ.