週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

フリージアの夏剪定~2019年

 

フリージアで今年の夏剪定シリーズ最終回です。

古いイエローのフロリバンダ

春には手放そうと思っていましたが、今年もここまでお世話してきました。

色々な偶然で我が家に残ってくれていますから、縁の深いバラなんでしょう。

秋に向けて手を入れます。

 

春からここまでのフリージア

今年のフリージア、春の花が良かったです。

www.gensan.blue

今年は調子良く、その後も断続的に咲いてくれていました。

↓↓ 記事の直後、5月下旬のフリージア

f:id:gensank:20190918203841j:plain

ここまでは春の花、こう見ると今年はキレイでした。

↓↓ 7月下旬の花。

f:id:gensank:20190918204626j:plain

夏にここまで咲けば十分です。

↓↓ 9月上旬、残暑の中で色も褪せます。

f:id:gensank:20190918204838j:plain

これでも昨年までとは大違い、実によく開花に至ってくれたのです。

夏を越したフリージア

フリージアはあまり大きくならない品種なのですが、我が家の株は年々樹勢が強くなってくるようです。

↓↓ 夏剪定前のフリージア

f:id:gensank:20190918205335j:plain

株元からの枝数が少ないので、あまり美しい姿じゃありません。

上の方が重い感じの株姿になっちゃうのが、我が家のフリージアの個性です。

それでも、去年まではもっと枝分かれが多くて、節間が極端に短かったような記憶があります。

今年は不格好な姿もまだマシです。

ちょっと性質が変化して、枝が伸びるようになってきたのが好都合ですね。

成熟してきたんでしょうか。

↓↓ 夏剪定!

f:id:gensank:20190918205638j:plain

極端に伸びた枝は、短い枝にそろえてカット。

他に、春から出開きの葉が多く残っていたので、全部落としました。

結果的にかなり葉が減って見えますね。

一時的に寂しい姿ですが、うまく枝が出てくれば気にならなくなるハズです。

フリージアの健康状態と株元

フリージアは強い品種です。

鮮やかなグリーンの照葉は病気には強いです。

ざらしでもほとんど黒星病には罹患しません。

蕾や花はコガネムシの大好物です。

あとは春秋にスリップス(アザミウマ)が花に集まります。これは花の色のせいですから防ぎようがありません。

病気に強く、昆虫に食べられるバラってことですね。

 

そんなフリージア、今年で3年目の株元はと言うと

f:id:gensank:20190918210812j:plain

たった2本の枝しかありません。

ホント、その割には上の方は賑やかなんですよねえ。

昨年出たベーサル シュートが左側。かなり太いです。

一本だけの時より随分心強いですけど、まだまだ足りません。

 

それにしても、フリージアはあんまりベーサル シュート出さないのかなあ。

秋にも期待を込めて株元を観察します。

 

・・・そうじゃなくて、期待するのはお花ですね。

ふんわりと紙で造ったみたいなお花を期待しています!!

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

    お問合わせ.