週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

秋の花、カリオプテリス グランブルーが咲きました

 

我が家は秋の花が極端に少ないです。

あまり考えないで植える植物を選んだ結果、秋に寂しい庭になってしまいました。

唯一、ハッキリと秋咲きの植物、カリオプテリス グランブルーが咲いたのでご覧ください。

 

カリオプテリスって?

カリオプテリスは、つまりダンギクです。

ダンギクの学名はCaryopteris incanaで、これは近縁種との交配でつくった園芸種のようです。Caryopteris × clandonensis 'Grand Blue'、グランブルーは園芸品種名です。

f:id:gensank:20190922163732j:plain

ぽわぽわっとパープルの花が咲いています。

交配によって耐寒性が増強されて、冬越しが容易になっているとの記載があります。

実際この株は昨年の秋に迎えて、普通に冬越しできました。

これで2年目ですから、樹勢は強いです。

春からここまで、モリモリ生長していました。

カリオプテリス グランブルーの花 

蕾は8月末に出てきて、開花は9月中旬でした。

↓↓ 蕾から咲き始めです。

f:id:gensank:20190922164159j:plain

↓↓ 開花しました。

f:id:gensank:20190922164321j:plain

蕊が青いので、一段と青花に見えるようです。

f:id:gensank:20190922164520j:plain

この品種はダンギクのように、茎を取巻いて段になって花が咲く感じが弱いです。

そこが気に入って昨年お迎えしたんです。

 

カリオプテリス グランブルーは、本来もっと花が多くて色も濃いはずです。

おそらく陽当たりが悪いために、この程度の花付き、この程度の色に留まっているのは残念です。

秋咲きの植物は忘れがち

春から夏にかけて多くの植物が開花していく中で、カリオプテリス グランブルーは黙々と茂みを作っていました。

しばらく他の植物に気を取られてグランブルーを忘れていたところ、気が付けば倒れていました。

植えている場所の陽当たりが悪いので、徒長気味になっていたようです。

花が咲かずに茂っているだけだと、忘れちゃいますね。反省です。

現在は麻紐をかけて、起き上がらせています。

本来は低い支柱で枝を分散させるのが良いと思いますので、来年は忘れずにお世話します。

秋の花は貴重です

春夏は存在を忘れてしまいますが、秋に咲く花は貴重です。

実際我が家でこの時期に咲いているは、カリオプテリス グランブルーの他に、夏から咲いているスカビオサ オクロレウカぐらいでしょうか。

それにバラが加わるぐらいですから、もう少し秋に咲く植物を意識して植えたいですね。

もちろん、グランブルーには今年も大切に冬越ししてもらいたいと思っています。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

    お問合わせ.