週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

冬に向けてダイコンの播種

 

さて、間もなく10月になろうとしています。

そろそろ冬野菜を始めましょうね。

何を植えようか迷いましたが、去年同様にダイコンを選択。

最大の理由は、種子が余っていたから。

来年は葉物にしようかな。

 

土づくりから

植えるところは1m x 1m程度の狭いスペースです。

夏はトマトを植えていた跡地になります。

f:id:gensank:20190929140018j:plain

ここです。

8月下旬にこうやってトマトをおしまいにして、地上部は1週間乾かした後に土に漉き込みました。漉き込むというほどではなく、土に埋めたって感じです。

それから約1ヶ月、太い茎などは分解されずに残っているので、一通りふるって土の塊とともに除去しました。

ダイコンですから、根が伸びる時に邪魔されるものが無いように気を付けます。

 

ついでに、バラにも使っている油かすベースの有機化成肥料を少し混ぜて完成です。

 

トマトはかなり太い茎以外は完全に分解されていました。

気温が高い時期なので、土壌細菌の活性も高いんですね。

畝立てして播種

狭いスペースなのですが、無理に2列畝をたてます。

f:id:gensank:20190929141354j:plain

畝の間隔は40 cmぐらいでしょうか。

これで一晩休ませてからダイコンの種をまきます。

↓↓ 去年購入したこちら

f:id:gensank:20190929141535j:plain

売り文句におでんを出すところがニクイ。

きっと総太りの品種ならどれでも美味しいんですよ。

 

畝の上部を均して、ペットボトルのキャップで少しくぼみを作ります。

f:id:gensank:20190929141920j:plain

播種間隔は20 cmです。

このくぼみに種をまきます。

本来1ヶ所に4、5粒まくのですが、今回まくのは昨年の種子ですから発芽率が落ちているはずです。

1ヶ所に10粒程度まいて、来年に種を残さないようにしました。

本当に発芽しなければ、来週新しい種子をまき直しましょう。

 

↓↓ 薄く土をかぶせてから水遣り。

f:id:gensank:20190929142349j:plain

ジョウロで優しく、たっぷりと。

種が見えてこないように。

ネットをかけてオシマイ

ここまで、トンネル支柱が写真に写っていたかと思います。

これは播種後に寒冷紗あるいは遮光ネットをかけるためです。

どちらでも良いんですけど、とにかく目的は鳥よけと虫よけです。

f:id:gensank:20190929142738j:plain

寒冷紗とか遮光ネットとか言っていましたが、小生は薄い不織布をかけます(笑)

理由は安かったから、深い意味はありません。

掛け方が雑でお恥ずかしい。

後で周囲が乾いたら綺麗にかけなおします。

裾はちゃんと土に埋めて、完全遮断するようにするつもりです。

 

これで播種完了!!楽しかった。

来週末には発芽しているはずです。

 

新しく栽培を始める時は、ワクワクしますね。

うまく太ったダイコンが穫れたらいいな。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村