週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

あれ?マダム アルフレッド ドゥ ルージュモンはもう終わり?~2019年秋

 

我が家では、しみじみと秋バラの開花が進行しています。

長く咲いているバラもあれば、あれ?もうおしまい?ってな具合のバラもあったりして。

それはそれで今年の成果として、楽しく受止めています。

 

もうおしまい?はルージュモン

今年の新苗、マダム アルフレッド ドゥ ルージュモン。

まだお迎えして半年なんですねえ。

愛着湧いて、もっと長くお付き合いしている感覚です。

www.gensan.blue

今年のオールド ローズ3兄妹?の中で一番癖が無くて、育てやすかったのがルージュモンです。

 

そんなルージュモンは、夏剪定後も無事に育っていたのです。

www.gensan.blue

が、夏剪定後の花はポツポツといったところでした。

f:id:gensank:20191020170524j:plain

あちゃー、色が飛んじゃいましたね。

ルージュモンは秋の最盛期でも数輪の開花、株全体としては見ごたえのある姿にはなりませんでした。

ホント、残念です。

f:id:gensank:20191020171923j:plain

もう少し株が充実すれば、秋にも多く咲いてくれるでしょうか。

ルージュモンの秋はピンクが強い

花数では残念な結果でしたが、マダム アルフレッド ドゥ ルージュモンは一輪の美しさが格別で、堪能しました。

↓↓ 10月に入ってすぐに最初の開花

f:id:gensank:20191020170916j:plain

ちょっと花弁が汚れて残念。

でもピンクが強く出てるのがわかります。春夏とは雰囲気がちょっと違いますね。

このあたりの不安定さがオールドローズらしくて、小生としては堪りません。

↓↓ 平日出勤前の薄暗い中で

f:id:gensank:20191020171411j:plain

6 cmぐらいの中輪で、秋はピンク、グリーンアイのシャローカップ咲きで、これぞルージュモン。

f:id:gensank:20191020171607j:plain

咲き進んでも可愛らしい。

春夏は爽やかに白が強く、秋はしっとりピンクに染まって、この味わいは好みです。

香りも出てましたよ!

これまで春から夏にかけてのルージュモンの花は、香りがしませんでした。

微香ではなく、無香。

 

バラには香りを求める小生にとって、ルージュモンの香りは非常に残念でした。

香り以外は期待以上のバラでしたので、なおさら香りが無いのが惜しい。惜しすぎる。

 

それがですね、秋の花にはキッチリ香りが乗っていたのです。

ルージュモン、よくやった。

その気になれば、香りも出せるじゃないの。

 

今秋咲いた数輪はどれも中香程度の香りを感じることができて、小生は本当に嬉しかったです。

これで、円が閉じた感じ。画竜点睛を欠かなくなりました。

 

ちょっと石鹸や洗剤によくあるような、花の香りらしい感じ。

フルーツ的な甘さはあまり無いでしょうか。

香りの表現は難しいなあ。

 

とにかく、ルージュモンの秋花は、良い香りがしましたよ。

来年に向けてですね

結局、ルージュモンは四季咲き性がそれほど良くないんでしょうか。

今年は夏剪定した意味があまりなかったようです。

これから年々株が充実して、それに応じて花付きなども変わってくるような気がしています。

生長に伴って性質が変わっていくなら、小生の思い描いているオールド ローズの雰囲気。長くゆっくり育てる甲斐があろうってもんです。

 

そろそろ、オールドローズの冬剪定について、よく考えておかなきゃいけませんねえ。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

    お問合わせ.