週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

夕霧の背が徐々に伸びてきました

 

我が家のサボテンは、球形あるいは潰れた球形のものがほとんどです。

これは小生の趣味で、特に上から押し潰されたような形が好みなんです。

ギムノカリキウム属などで典型的な形ですね。

 

もちろん、サボテンには様々な形状の種類があります。

小生好みの形のサボテンは、よく玉サボテンなんてひと括りにされてます。

その一方で柱サボテン、とかウチワサボテンとか、形状をそのまま表したサボテンがあるわけです。

 

唯一縦に伸びるはずの夕霧

 

柱とかウチワは我が家には進出できていない中で、唯一少し縦に伸びるサボテンがいます。

↓↓ マミラリア属の夕霧

www.gensan.blue

このサボテン、記事にした時点ではまだ小さいこともあって球形に近かった。

そこから半年以上経ち、この間の生長で夕霧に変化があったのか?というところが今回の着目点になります。

 

いきなりですが、GIFアニメーションで夕霧の生長をご覧ください。

↓↓ 何となく連続しているように見える奇跡

f:id:gensank:20191113213133g:plain

5月下旬から10月上旬まで、6枚の写真のアニメです。

見ていただきたいのは、上に伸びているところ。

これは決して日照不足による徒長ではありません。

徒長だと、もっとトンガリ頭になるはずです。

 

ということで、夕霧が徐々に特徴を出して、上に伸び始めたことが確認できました。

白い新刺が意外と美しい

形も変化してきたことに加えて、刺の色も変化してきました。

そこも見所です。

↓↓ 5月下旬は上部の刺は褐色です

f:id:gensank:20191113213822j:plain

 

↓↓ アニメより少し後、11月上旬の白い夕霧

f:id:gensank:20191113214024j:plain

この半年で上部の白い部分だけ生長したんですね。

今シーズン出てきた新しい刺は真っ白です。

今では小山の上に雪が積もっているように見えますよ。

こう来るとは思っていませんでした。

やはりサボテンは刺の魅力が大事だと、再認識した次第です。

 

この調子だと、この後白い刺は段々と褐色になるんでしょうか?

変化があるかもしれませんので、気を付けて観察を怠らないようにしましょう。

直径データも確認

今回も直径推移をご紹介します。

残念ながら、高さについてはノーマークでした。

夕霧だけ高さも測るようにした方が良いかもしれませんね。

↓↓ 夕霧の直径データ

f:id:gensank:20191113215430p:plain

縦軸はmm、横軸は日付です。

約半年、直径はほとんど変化していません。グラフ見せる意味あるのか、というレベルです、ゴメンナサイ。

これと上のGIFアニメーションと総合して考えると、梅雨時以降、夕霧は横幅の生長にはエネルギーを使わず、縦方向の生長に専念していたということですね。

ま、印象そのままだったということで、驚きがあるわけではありません。

 

何も知らずにたまたまお迎えした夕霧です。

期せずして縦に伸びるサボテンが我が家にいますので、その伸びを堪能したいと思います。

見つめているうちに、意外と縦長サボテンの魅力にも開眼するかもしれませんよ。

 

当面は冬越し。気温が下がっても陽当たりは確保して、来春は夕霧の花を堪能させてもらいましょう。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村