週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

ペンステモン スモーリーとハスカーレッドの晩秋のロゼット葉を眺める

今年の春、ペンステモン2種類をお迎えしました。

そのうちスモーリーはキレイに咲いて、季節を彩ってくれました。

それに対してハスカーレッドは、何が悪かったのか全く花を付けてくれず、沈黙したままシーズンを終えてしまったのでした。

 

この好対照ぶりが面白くて、ペンステモンに好感を持っています。

晩秋のペンステモン スモーリー

ペンステモン スモーリーはキッチリ花を咲かせて、扱いやすい性質を感じさせてくれました。

↓↓ 色もいいし、花の大きさも程よくて好印象

www.gensan.blue

花後は一度切戻しただけ、後は放置で酷暑を乗切ることができました。

購入時のラベル表記の通り、基本的に暑さ寒さに強い強健な植物のようです。

↓↓ 10月下旬のペンステモン スモーリー

f:id:gensank:20191127212321j:plain

切戻した茎についている葉が黄色く変色するのと対照的に、ロゼット葉は青々として健康そうです。

↓↓ 11月下旬のスモーリー

f:id:gensank:20191127212619j:plain

この時期の関東地方は天候も安定するはずなのに、今年は雨ばかりですよね。

黄色い葉が無くなるところまで切戻しました。

春にお迎えした時からだと、3-4倍に大きくなっています。

今年の生長が来年に持越されるのが、宿根草の嬉しいところ。

周囲にスペースを確保しましたので、ペンステモン スモーリーはもっと大きくなっても構わないです。

 

ペンステモン ハスカーレッドは植替えを断行

一方、ハスカーレッドが咲かなかったのは本当に残念でした。

↓↓ 咲かなった原因がわかるわけも無く・・・

www.gensan.blue

咲かなかったのはハスカーレッドの勝手なのか、小生が咲きたくない環境を整えたせいなのか。

間違って春に咲かなかったように、間違って秋に咲くかもしれないという希望は持っていたのですが、モチロン叶いませんでした。

このままでは来年も同じことになる可能性が高いと判断しまして、11月に入ってからハスカーレッドを植替えました。

今まで日陰気味だった場所から、西日も含めて陽当たり良好な別世界へ。

↓↓ 葉の様子は冬支度が始まっているような雰囲気

f:id:gensank:20191127214258j:plain

夏はもう少し大きかったような気がしたのですが、古い葉が少し枯れたようです。

 

ところでハスカーレッドを見ていて最近思うのですが、いつ葉が赤くなるんでしょう。

花も咲かず、葉も赤くならないこの植物は、本当にペンステモン ハスカーレッドなのでしょうか?

↓↓ 11月下旬

f:id:gensank:20191127214519j:plain

売っているハスカーレッドは葉が赤く美しいですよね。

我が家の株も春にお迎えした時は赤かったんです。

それが夏にかけて新しい葉が出てくると色が抜けてグリーンに。夏を越して寒くなってきても赤くならず。

新葉が赤くなるわけでもなく、紅葉するわけでもなく、いったいハスカーレッドはいつ赤くなるのでしょうか?

 

残るは冬から春にかけての季節。

この植物がペンステモン ハスカーレッドだという確証を得たいです。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村