週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

ホスタ落葉の記録、エル ニーニョとレインボーズ エンドは初登場!

 

ホスタ落葉記録の最終回。

まだ一回も記事にしていなかったホスタが2品種あるんです。

その2品種の落葉開始がたまたま遅かったということで、この機会にお披露目したいな。

シーズン終わりのタイミングで初登場です。

大変地味なエル ニーニョ

ブルーの斑入りが欲しかったところで、たまたま遭遇したのがエル ニーニョ。

ハルシオンの変異株です。

↓↓ 6月中旬のエル ニーニョ

f:id:gensank:20191203210155j:plain

エル ニーニョの葉をよく見ると確かにキレイなんですけど、全体を見るととにかく地味。

地味すぎて、いつ迎えたのか覚えていませんでした。

6月からだったのね。

 

目立たない場所に植えたということも悪かった。

↓↓ それでも不満はなさそうな8月中旬のエル ニーニョ

f:id:gensank:20191203210454j:plain

今年はここまで。

これ以上葉数は増えず、ジッと地下部の生長に注力していた・・・はずです。

 

あまりに地味なので、残暑が落ち着いてから良く見える場所に移植しました。

室内から良く見えて、日当たりの悪い場所を埋めてもらうことに。

少しは目につくところに植えて、地味なだけじゃないところを見せてもらいたい。

 

↓↓ 11月下旬のエル ニーニョ

f:id:gensank:20191203211036j:plain

他のブルー系統と同じく、遅めの落葉開始でした。

ハルシオンと同じくらい。

来年はもっと注目して、良さを認識したいホスタです。

今年は目が行き届かなくてゴメンナサイ。

 

レインボーズ エンドは個性炸裂

最後は派手目のホスタ、レインボーズ エンド。

↓↓ 8月中旬のレインボーズ エンド

f:id:gensank:20191203211741j:plain

これは盛夏に迎えたのを覚えてます。

東京西部に遠征した時に出くわしたんです。

裏通りに植えていますけど、目立ちます。

エル ニーニョと対極的に派手です。

 

この個体は細葉のホスタのように見えますが、ネット上の写真を見ると葉の形は普通です。

来年は普通の葉を出すんでしょうか。

 

↓↓ 10月中旬のレインボーズ エンド

f:id:gensank:20191203212347j:plain

この頃が最盛期です。割と遅くまで葉を出し続けていました。

このホスタは葉のツヤが強くて、ツルんとした感じ。

小さいうちだけかもしれませんが、その点独特です。

 

レインボーズ エンドはオブセッションの変異株とのこと。

オブセッションまではオブセッション←スパークリング バーガンディ←ギンコ クライグと遡ります。

"Hosta Library"によると、大元のギンコ クライグは日本で売っていた無銘のホスタって書いてありますね。

www.hostalibrary.org

オブセッションやスパークリング バーガンディなんて超地味なホスタに見えますけど、そこからこんな派手な斑入りが出てくるんですねえ。

ただ感心します。

 

↓↓ 11月下旬に落葉開始でした

f:id:gensank:20191203214343j:plain

この派手なホスタが休眠すると、裏通りも寂しくなります。

いよいよ冬到来。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村