週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

新天地が生長して、コンペイトウ君じゃなくなった

 

ギムノカリキウム属のサボテンは、もちろん大好きです。

総じてお饅頭みたいにツルんとして、プリっとして、まあそんな感じの種が多いような気がします。

お安く出ているギムノカリキウムはプリっとしているの重視で、刺が貧弱な種類が多いような。

その中でも新天地は、形もゴツゴツしていて、刺もなかなかで、個性際立ちますね。

 

新天地は確かに大きくなった

今年3月から我が家の一員になった新天地。

小生の雑で一律の栽培法にも順応してくれて、健やかです。

↓↓ 機嫌よく夏を過ごした新天地

www.gensan.blue

前回記事にした8月上旬から、さらに一段大きくなってます。

 

↓↓ 新天地の球径記録

f:id:gensank:20191204205553p:plain

縦軸はmmです。

3月の記録はありませんが、大体20 mmぐらいでした。

そこから球径はほとんど倍

夏の間同じようなペースで成長を続け、秋になったところでピタッと止まったんですね。

 

新天地は生長が早いんですね。

雰囲気も変わってきた

 成長に伴って、元々コンペイトウみたいだった雰囲気に変化がでてきました。

もうコンペイトウとは言わせない。

↓↓ 8月下旬の新天地

f:id:gensank:20191204210136j:plain

 

↓↓ 9月中旬の新天地

f:id:gensank:20191204210244j:plain

段々と鉢が小さく見えるようになっています。

球径のグラフからすると、この時期に膨らむことを止めたようです。

 

お迎えした時と比べると、肌のグリーンはかなり濃くなって、刺も随分と長くなってきています。

刺の色も赤褐色で、肌色とのコントラストがキレイですね。

 

↓↓ 最近、11月下旬の新天地

f:id:gensank:20191204211242j:plain

新しく出てくる刺がどんどんと長くなってきて、上部が刺で賑やかになりました。

球体を成長させる代わりに、刺の充実に注力したのでしょうか。

 

サボテンはこれくらい刺があるのが好き。最近の好み。

小さくても立派なサボテンです。

新天地はこれぐらいの大きさでいいな

新天地は大きくなる種類のようですね。

今の雰囲気のまま、せいぜい3号鉢ぐらいの大きさで止まってくれるといいんだけどな。

今度植替える時には、根を切詰めて生長を遅らせてもいいかも。

 

いや、そんな邪なことを考える前に冬越し成功させなきゃイカンのです。

 

お迎え時3月の様子を見ると、新天地は冬に赤くなったり、明確に縮んだりしないようですね。

↓↓ コンペイトウ時代の新天地

f:id:gensank:20191204212704j:plain

まだヒヨッ子であったな、おぬし。

鉢は今と同じ2号です。

 

この時は温室でここまで育ってきた可能性が高いです。

今年は基本屋外で、それなりの寒さに当てるつもりですから、環境は異なるのかもしれません。

寒くなると、反応してくれるかな。

健康な範囲での変化だったら大歓迎です。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村