週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

ペンステモンのロゼット葉、三者三様真冬の様子

 

地上部が残っている宿根草は、すっかり耐寒仕様になっています。

我が家のペンステモンも寒そうな姿になりましたので、ここで記録しておきます。

ペンステモン スモーリーの冬姿

可愛らしく、小さすぎない青い花を咲かせるペンステモン スモーリー。

 

5月の開花が今から楽しみ。

 

↓↓ ペンステモン スモーリーのお花

www.gensan.blue

 

花後はあまり大きくならず、

11月下旬にはきれいなロゼット葉になっていて、このまま冬越しかと思っていました。

 

↓↓ 秋のペンステモン スモーリー

www.gensan.blue

 

ここからスモーリーは紅葉するんですね。

写真を見ると、12月下旬から少し紅葉が始まっていて、1月に拡大しているようです。

 

↓↓ 1月中旬のペンステモン スモーリー

f:id:gensank:20200126081220j:plain

寒そうに縮こまるのは、冬の味わいですね。

もう少し紅葉が進むのか、紅葉した葉は枯れていくのか。

 

4月に植えた苗はきれいなグリーンで葉裏が赤かったと記憶しています。

そこから、赤くならずに越冬するのかと想像していました。

葉の形も変化しているようで、苗だけ見ていたらこれがスモーリーとは気づかないかもしれません。

成熟したとすれば、長く生長を追える宿根草は面白いものです。

 

ペンステモン ハスカー レッドの冬姿

ハスカー レッドは我が家で咲いたことが無いので、お花の写真はナシ。

スモーリーと同じ過去記事で秋のロゼット葉を紹介しています。

記事の時点、11月下旬は全然葉が赤くなっていなくて、緑のままだったんですね。

 

↓↓ 11月下旬のハスカー レッド(再掲)

f:id:gensank:20200126183141j:plain

 

↓↓ 1月中旬のペンステモン ハスカー レッド

f:id:gensank:20200126081708j:plain

赤くなりましたねえ。

売られている苗とは違って傷んでいる葉も多いのは止むを得ない。

それにしても、キレイに紅葉するものですね。

最後、ヘブンリー ブルーの冬姿

ヘブンリー ブルーは秋植えですから、まだ何も様子がわかりません。

 

↓↓ 秋植え宿根草の紹介記事にヘブンリー ブルーが

www.gensan.blue

 

植栽した記事からまだ2ヶ月も経ってないんですね。

色々あって、遠い過去の話のようです。さて、

 

↓↓ 1月中旬のヘブンリー ブルー

f:id:gensank:20200126184804j:plain

もう、全然変わってませんね。

スモーリーとハスカー レッドが1年で随分雰囲気が変わっていることを考えると、この平然とグリーンを保っているのも若さ故なのかもしれません。

 

今から1年後(酷暑を乗切ってくれれば)にヘブンリーブルーが同じくグリーンでいるのか、紅葉を見せてくれるのか、楽しみに取っておきましょう。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ 園芸生活へ
にほんブログ村