週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

フォッケア エデュリス、火星人をお迎え

 

久しぶりに新しい植物をお迎えしようと思い、今年初めて某園芸店を覗いてみました。

小生にとって現物との出会いは商品選びの大事な要素。

狙った植物を通販で購入すればいいんですけど、そうすると選ぶ決め手に欠けるんですよね。

 

今時期の園芸店なら、冬に緑を保っている植物が売られていますよね。

冬季生長の球根類とか、常緑の植物にどんなのがあるかとか、実見できるから勉強になります。

小さめの火星人みっけ

売場になっているハウスの中も結構寒かったです。

そんな中でも、好きなアヤシゲ系植物を見ると寒さを忘れますね。

 

数を絞りに絞って買った中で、今回はこちら。

 

↓↓ 1月下旬にお迎えしたフォッケア エデュリス

f:id:gensank:20200129204922j:plain

塊根植物に興味を持つと、早めにこの種の存在に気付くのではないでしょうか。

学名Fockea edulis、例によってガガイモ関係みたいです。

何より和名が「火星人」ですから、それだけでインパクト大きいです。

 

和名といっても、園芸業界での流通名なのか、それともどこかの学会で決めてるのか、よくわかりません。

多肉植物塊根植物界隈は植物自体の形が特徴的ですから、名前を付けるときに楽しく飛躍できるんでしょうね。

小さいのが色々とよろしい

お迎えした個体は、まだまだ小さい個体です。

今まで園芸店でフォッケア エデュリスを見てきた中で一番小さかった。

 

そこは育てる楽しみを重視する小生の方針に合致しています。

もちろん、小さいと値段もお安くなります、えへ。

 

↓↓ 問題の塊根部分

f:id:gensank:20200129205557j:plain

これで26 mm径でした。

塊根部が小さいので、枝が太く見えます。

 

小さくて「指でつまむ」程度の塊根部が、将来「手で掴む」ぐらいまで大きくなるんですね。

楽しみですね。

 

どう育てるか想いを巡らす

フォッケアエデュリスが売られているのを見て、実は意外でした。

冬は落葉するものと勝手に思っていたものですから。

 

↓↓ 冬でも落ちない小さい葉

f:id:gensank:20200131100700j:plain

今ついている一番大きい葉でも、長さ4 cmぐらいです。

 今は枝が1本で、途中分岐して30 cmぐらいの長さになっています。

 

これをどうやって仕立てていきましょうね。

 

ウェブ上の写真を拝見すると、皆さん小さいうちは蔓を行灯仕立て、大きくなったらそのまま垂らすことが多いようです。

確かに小さいうちは何か支柱に絡めておいた方が、散らからなく良さそうです。

植替え時に枝の先端を止めましたので、まずはどうなるか様子を見てみましょう。

 

強健な植物みたいですから、剪定心が疼きますね。

 

ところで、素直に書いただけのタイトル「火星人をお迎え」、悪くないですねえ。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ 園芸生活へ
にほんブログ村