週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

ボレロ、フリージア、マーガレット メリルの冬剪定、2020年

今朝はフロリバンダ系統の冬剪定をご覧ください。

 

今年はオールド ローズで長く残す剪定を実践しましたから、フロリバンダ系統も少し長めに残してみましょう。

今までハイブリッド ティーと同じ強剪定だったのを反省します。

元々長めを推奨されていることが多いですよね。

ボレロの冬剪定

フロリバンダの最初は、ボレロにしましょう。

あの新苗が冬剪定とは、感慨深い。

 

↓↓ 剪定前のボレロ

f:id:gensank:20200208175846j:plain

新苗から1シーズン過ごした結果です。

それにしては、まだ枝が細いですね。

摘蕾しなかったので、ノンビリと生長するのを見守ります。

 

結果的に、これは長めに残すのに丁度いいかも。

 

↓↓ 剪定後のボレロ

f:id:gensank:20200209090055j:plain

小生の感覚では、長く残しましたよ。

これで枝の長さ約30 cm、株元からの枝数は3本です。

 

いつもなら、この半分ぐらいにしてます。

これならいつもと違う結果になりそうです。

咲かない・・・、とかないですよね。

 

次、フリージア

黄バラのフリージアは枝が太くなってきました。

我が家に来て冬剪定も3回目?

いくら長めに残すと言っても、これまでのオールド ローズやボレロのようにはいきません。

 

↓↓ 剪定前のフリージア

f:id:gensank:20200209090758j:plain

全然冬を感じさせないですね。

色濃い葉がほとんど秋からそのまま残っています。

軽く剪定すれば、すぐにでも咲くかと思わせます。

 

でも、切る。

 

↓↓ 剪定後のフリージア

f:id:gensank:20200209090924j:plain

無理やり残した感が。

残した枝の長さは35 cm程度、株元からの枝数が2本なのが寂しいです。

前シーズンのベーサル シュートはありませんでしたね。

 

こんなスタートでも、フリージアは元々枝分かれしやすいので、それなりの株姿になるはずです。

多分、冬剪定で無理に枝数を残さなくてもいいんです。

今回はお試しですね。

フロリバンダ最後はマーガレット メリル

マーガレット メリルは今年も元気に伸びました。

メリルを見ると、フロリバンダって何なのかしら、と思うことがあります。

あまり房咲きにはならないし、枝は太くてぐんぐん伸びる、ほとんどハイブリッド ティーです。

 

そこが個性で良いんですけど。 

 

↓↓ 剪定前のマーガレット メリル

f:id:gensank:20200209091345j:plain

軒下で黒星病を避けた成果で、ちゃんと葉が残っていますよ。

今年も他のバラに比べると随分高くなりました。

勿体ないけど切ります。

 

↓↓ 剪定後のマーガレット メリル

f:id:gensank:20200209091539j:plain

長めを心掛けたんですけど、普通のハイブリッド ティーの剪定みたいな感じになってしまいました。

そもそも、枝が太いんですよ。

それでも30 cm程の長さで残しました。株元からの枝数4本です。

 

今まで強剪定のせいで、意地になって長い枝になっていたのかもしれません。

少し弱めの(あまり変わらない気もする)剪定で、枝に費やすエナジーを少し花に向けてくれないかしら。

小生、願っています。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村