週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

クロチルド スーペル、デスデモーナの冬剪定、2020年

我が家のバラ、冬剪定もこれで最後です。

そんなに多くの種類を所有していないので、実際はノンビリやっても3日程しかかかりません。

 

これ、まだまだバラを増やせると勘違いしそうですね。

制限要素の第一が庭の狭さなのを忘れないようにしなきゃいけません。 

 

今回は、残り2種類です。

デスデモーナの冬剪定

デスデモーナはヒョロヒョロの枝がキレイに赤くなっています。

そう、どの枝も細すぎで、よろしくありません。

 

↓↓ 剪定前のデスデモーナ

f:id:gensank:20200204205331j:plain

なんかヘンなところで内側に枝が伸びたりして、お姿も趣味じゃないです。

土替え後も葉が残っているのだけが救いです。

ちょっとは光合成して、力を蓄えたかと思います。

 

↓↓ 剪定後のデスデモーナ

f:id:gensank:20200204205452j:plain

もう気に入らないので大胆に強剪定。

残した枝の長さは10cmぐらい、弱い枝は全部落としました。

根元からの枝は4本です。

 

デスデモーナに大輪の花は期待していませんので、強剪定は本意ではありません。

今回だけ、キレイな株姿にするための措置だと考えています。

 

そういえば、以前秋の記事では摘蕾を考えていましたね。

 

↓↓ デスデモーナの不調は昨夏から悩みの種

www.gensan.blue

 

力強く復活させる宣言している過去の小生は、とても頼もしいですね。

一番花も摘蕾するって書いてあったらどうしようかと思って読み返したら、ちゃんと摘蕾は「一番花の後」って書いてあって安心しました。

 

はい、一番花の後はしばらく摘蕾します。

 

クロチルド スーペルの冬剪定をしんがり

最後はクロチルド スーペルです。

細い枝がよく分岐しますので、今回の剪定はやりがいがあります。

 

↓↓ 剪定前のクロチルド スーペル

f:id:gensank:20200211212622j:plain

我が家のバラの中で、一番キレイな紅葉だったと思います。

そんな特技を持ってたんですね。

 

間もなく春を迎える準備ですので、ここはキレイな紅葉も落とします。

 

↓↓ 剪定後のクロチルド スーペル

f:id:gensank:20200211212734j:plain

今回の冬剪定の集大成というか、象徴するような剪定にしてみました。

半分どころか、2/3を残すような剪定です。

こんな浅い剪定では、夏剪定と変わりません。

 

残した枝の長さは35 cm程度、これでも根元からの枝は3本です。

 

それにしても大丈夫かなあ。ちゃんと咲くかなあ。

 

ところで、この細い枝は年々太くなっていくんでしょうね。

例えば、バラ園の年季の入ったバラがどれだけ太い枝か、園芸店で売り物の若い株ばかり見ているとビックリしますよね。

 

よく陽に当てて健康に育てるってそういう結果を目指すことなのかな、って最近考えています。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ 園芸生活へ
にほんブログ村