週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

我が家にもクリスマスローズあります

先日ネメシアを切戻してから、庭に花が無くなって寂しいです。

などと思っていたら、あにはからんや、もう先駆けの春の花が咲き始めています。

 

暖冬なんですねえ。

一番実感したのはクリスマス ローズ。

例年我が家で咲くの、3月じゃなかったかなあ。

一重のピンクが開花しています

クリスマス ローズはいろんな花がありますよね。

八重咲とか黒いのとかが最近人気なんでしょうか。

 

我が家の花はそんな派手じゃなくて、質素な

↓↓ 2月下旬のクリスマス ローズ、ピンク

f:id:gensank:20200224133222j:plain

トゲトゲの葉だけだと意地悪な感じなのに、花が咲けばなかなか趣があります。

完全に俯いちゃうので、雰囲気で楽しむものと思っています。

 

↓↓ 地植えだと蕊を見ることも一苦労

f:id:gensank:20200224133639j:plain

草丈も低いところで、こう俯かれると派手なお花なんかは残念かも。

クリスマス ローズは花を存分に楽しむためには、鉢植えの方が良いんでしょうね。

思い出してみると、園芸店でも高い台に置いてあることが多いです。

 

このピンクのクリスマス ローズはいつから我が家に居るのか、よくわからないです。

小生が庭の積極管理を始めた3,4年前には既にそれなりの群生になっていました。

ピンク色も淡く儚い感じで、小生のクリスマス ローズのイメージはこの花で固まっています。

 

白花もあります

もう一つ、別の色のクリスマス ローズもありますよ。

 

↓↓ 2月下旬のクリスマス ローズ、ホワイト

f:id:gensank:20200224134425j:plain

これは完全に下を向いてしまって、蕊を見ることができません。

止むを得ません、ちょっと上を向いてもらいましょう。

 

↓↓ 本当に真っ白な花でした

f:id:gensank:20200224161605j:plain

この白花のクリスマス ローズは、確か一昨年の春に投げ売りされていたのを救ってきたものです。

種類とかよくわかりませんが、ピンクの花とは花弁の形なども違いますね。

 

去年は咲かなかったので、今年咲いて良かった。

日陰に君臨するクリスマス ローズ

実は小生、クリスマス ローズはそれほど熱心に育てているわけではありません。

手を掛けなくても元気に育って強健なので、普段気にかけないってことが理由の一つ。

あと、品種名が付いてなくてコレクター魂が刺激されないのが、よろしくないのかも。

 

我が家では有り余る日陰のスペースを埋めるのに重宝しています。

どんなに暗いところに植えてもギザギザの葉を維持してくれて、常緑だし、大変助かります。

ちゃんと根付くと大きな茂みになって、そうなると株分けして簡単に増やせます。

多分、乾燥させなければ消えることは無いでしょう。

 

暗くて他の植物が育ちそうにない場所は、これからもクリスマス ローズに助けてもらうかもしれません。

もうすぐ販売シーズンも終わるので、ちょっと気に掛けてみようかしら。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ 園芸生活へ
にほんブログ村