週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

今年もベロニカ オックスフォード ブルーを満喫しました

さて、これからしばらくの間晴れることは無いようです。

なかなか週末に晴れてくれない印象がありますね。

 

印象だけなので、実際どうなのかは保証しませんよ。

気象庁のデータとか見て、晴れの日を数える元気はありません。

相変わらず庭の花はオックスフォード ブルーだけ

雨が続くのでは我が家の庭で新たに開花する植物も無いでしょう、そんな気がします。

元々種類が少ないですからね。

 

これから長雨なので、今咲いているベロニカのオックスフォード ブルーはもう散りゆく運命でしょう。

 

↓↓ 陽当たりがイイ株だけが満開でした

www.gensan.blue

その後、日を追うごとに他の場所のオックスフォード ブルーも咲き進み、ほとんどの群落が八分咲きといったところです。

小花が一斉に咲くので、サクラと同じような咲き方の表現ができますね。

 

我が家で一番大きい群落はこちらです。

↓↓ 3月下旬のオックスフォード ブルー

f:id:gensank:20200327194157j:plain

手前の部分がまだ咲いていないのが残念です。

雨が続くとすると、奥の花は先に散ってしまうと思われます。

なので、今年はこれが最盛期と判断。

 

その次の群落は

↓↓ 3月下旬のオックスフォード ブルー

f:id:gensank:20200327194511j:plain

こちらの茂みは、全体的に咲いています。

もっと大きい茂みに生長して、一面に咲いたら最高なんだと思います。

咲き揃うのは気候にも依るなあ。

 

茂みが崩れないのがオックスフォード ブルーの良いところ

一昨年の秋にオックスフォード ブルーをたった1ポット購入して、最初からそれを無闇に分割して植えたのでした。

2回目の開花時期を迎えた今、5-6か所に大小さまざまな茂みをつくっています。

1-2本の枝を植えたところはほとんど大きくならず、5-6本でしょうか、ある程度以上の枝を植えると順調に生育してくれるようです。

 

↓↓ これなどはギリギリ生長した方です

f:id:gensank:20200327194731j:plain

 

オックスフォードブルーの良いところは、シッカリ茂みをつくったまま生長すること。

一部の枝だけグンと伸びて暴れることもなく、分散して茂みを解消することも無く、大変お行儀よく育ってくれています。

おかげで開花時には多くの花が纏まって見えて、大変美しい。

グランド カバーとして優秀です

オックスフォード ブルーは春の一回だけの開花で、それ以外の季節は地味に目立たずに他の植物を引き立てます。

庭にあって邪魔になりません。

 

↓↓ 2月中旬のオックスフォード ブルー

f:id:gensank:20200327210723j:plain

見事な紅葉で、この葉が落ちることがありません。

冬の間も美しい姿。

 

↓↓ 緑の葉とともに蕾が上がってきます

f:id:gensank:20200327210444j:plain

赤い茂みが何となく緑掛かってきたと思ったら、間もなく開花です。

冬の紅葉まで半年ほど意識しないことになりますが、オックスフォード ブルーはひっそりと着実に生長してくれていることでしょう。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ 園芸生活へ
にほんブログ村