週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

チューリップのレディ ジェーンが満開です

原種系チューリップのレディ ジェーンが満開です。

一輪一輪がとても美しくて、植え方が失敗とは思いつつ植えて満足できる花でした。

 

↓↓ 目論見とは違っていましたが

www.gensan.blue

 

ピンクと白の可憐なレディ ジェーン

最初の開花は、4月に入ってすぐでした。

↓↓ 4月上旬のレディ ジェーン

f:id:gensank:20200406083658j:plain

花弁の外側はピンクで白い縁取り、内側は白です。

これは愛らしいお花です。

 

花茎の長さは20 cm、花の大きさは6 cmほどです。

一般的なチューリップに比べると葉も花茎も細くて頼りない感じで、それはこの花に華奢で可憐な感じを与えていてマッチしています。

風が吹くと大きく揺れて、野に咲く花の風情

 

花の大きさと開花時期は大体揃っていますが、我が家では10球植えて7つの開花でした。

3球は発芽の気配はあるものの、まだ地上に顔を出していません。

遅れてもいいから咲いて欲しいけど、ダメかなあ。

晴れたお昼には違う景色になります

朝、玄関先に置いてあるレディ ジェーンのプランターを眺めて、ピンクの入り方が何とも言えずイイ感じねえと思っていました。

その後お昼に玄関を出ると、違う花が迎えてくれました。

 

↓↓ 晴れた日の正午のレディ ジェーン

f:id:gensank:20200406090208j:plain

全開ですね。

 

↓↓ こういう花だと思えば

f:id:gensank:20200406085514j:plain

白い花だと思っていればキレイなのです。

ただ、ピンクのチューリップ型の花があるはずと思って玄関を出ると、少なからず驚いてしまいます。

 

↓↓ 普通のお花と同じだと思えば

f:id:gensank:20200406090359j:plain

こんなにシッカリ開くものなんだと、感心します。

所謂チューリップ型の花っていうのは、そういう形質の種を基にして作ったのか、開き切らない形質の花を選抜して作ったんでしょうね。

いつも開くわけではないようです

レディ ジェーンは開花直後は、晴れていたせいもあって全開の姿を見せてくれました。

その後見ていると、毎日お昼に全開になるわけではなさそうです。

どうも曇りの日は開かずにいるようですし、日ごとに開かなくなっているかもしれません。

 

↓↓ これは曇りの日の10時頃

f:id:gensank:20200406092447j:plain

これぐらいがイメージとしては丁度いいですね。

この曇りの日は終日こんな開き加減でした。

これだけだと花の奥にある蕊や花弁の黄色い部分が見えなくて、それはそれで寂しいかもしれません。

 

原種系のチューリップをよく知らず、直感でお迎えしたレディ ジェーンでした。

思った以上に美しく、思った以上に整っていたので満足しています。

この花なら来年も再会したいですから、頑張って2年目の開花を目指そうという気になっています。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ 園芸生活へ
にほんブログ村