週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

ティアレラ シルベラードの開花、白い小花が美しい

日陰庭ですから、それに合わせた植物を植えないとすぐに滅んでしまいます。

日陰モノ植物を去年から色々試している中で、ティアレラが気になっていたのです。

 

あんまりティアレラって流通していないんでしょうか、なかなか出くわす機会が無くて、去年の3月にようやくお迎えして今年は2年目。

期待通り日陰を生延びて開花しました。

ティアレラ シルベラード、2年目の開花

品種はシルベラード、開花は4月中旬でした。

それからもう少し咲き進んで、今の様子です

 

↓↓ 4月中旬のシルベラード

f:id:gensank:20200418065045j:plain

ぽわぽわの白い小花が日陰に映えて、うつくしいですね。

↓↓ まだ蕾が多いです

f:id:gensank:20200418065222j:plain

小さいながら、近くで見てもキレイな花です。

蕊が長くて、それが雰囲気ですね。

咲いた直後の蕊はオレンジで、その後白く変化します。

 

シルベラードの1年

去年、お迎えした時から振返ります。

 

↓↓ 2019年3月下旬のシルベラード

f:id:gensank:20200418073007j:plain

今年縮んだ?まずいなあ。

少なくとも花穂は今年より沢山上がってたようです。

 

↓↓ 2019年8月下旬のシルベラード

f:id:gensank:20200418073611j:plain

この時期に一番茂っていたようです。

去年のこの時期に葉の模様が無かったの、気付きませんでした。

春に地味な模様があるのは、消えちゃうのかもしれませんね。

 

↓↓ 12月下旬のシルベラード

f:id:gensank:20200418073900j:plain

冬は多くの葉が傷んでいって、春に新葉と入替る感じです。

気が付くと茶色い葉ばかりになって地面に張付いていると、心配になります。

 

↓↓ 2020年2月下旬のシルベラード

f:id:gensank:20200418074136j:plain

前年の葉が枯れて、翌年の新葉を守るパターン。

これが冬の最終形態でした。

 

↓↓ 2020年4月上旬のシルベラード

f:id:gensank:20200418074516j:plain

古い葉を押しのけて、花と葉が一緒にでてきました。

ね、春の葉には模様がありますよね。

とにかくこれで1年、一回りしました。

 

冬の休眠時期の状態を知っておくと、安心です。

来年は心穏やかに枯れた葉を眺めていられそうです。

ティアレラのことをまだよく知らないようです

ティアレラは多くの園芸品種があるんですね。

ちょっと調べようとしましたが、シルベラードの品種の由来とかよくわかりませんでした。

例によって調査能力ナシ。

Tiarella cordifoliaの特色を残すのをティアレラって言ってるようですが、近縁種のヒューケラとのハイブリッドも流通するぐらいですから、色々と交配したりしてるのかな、違うかな。

 

ボンヤリとネットの記事を見てて、元々Tiarella cordifoliaは地下茎で殖えることを知りました。

この園芸品種もそうなのかしら。

てっきり株が大きくなって殖えるのかと思ってた。

 

思い込みはいけませんね。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ 園芸生活へ
にほんブログ村