週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

昨秋植えたディクシー チップとバニラ チップの開花

去年の秋植えたアジュガのディクシーチップとバニラ チップが無事咲いています。

ほとんど傷むことなくキレイに開花まで来たのは、望外の僥倖です。

2019年ー2020年が暖冬だったせいなんでしょうか、最初の年で販売苗自体に体力があったせいなのでしょうか。

 

↓↓ 絶対縮むと思ってたのに、そうでもなかったんですよ

www.gensan.blue

 

www.gensan.blue

ちょっと小ぢんまりした印象のディクシーチップ

チョコレートチップと似ていて、葉の色が薄いディクシーチップ。

性質も似ているならディクシーチップも我が家で生延びることができるでしょう。

 

↓↓ 2020年4月中旬のディクシー チップ

f:id:gensank:20200418110631j:plain

葉の色も赤、緑、白が入混じって、すっかり本来の賑やかな感じです。

冬に真っ赤になっていた面影はありません。

 

↓↓ アジュガの花はどれもキレイです

f:id:gensank:20200418111213j:plain

花の感じはチョコレート チップと同じというか、花だけ見るとどっちかわからないと思います。

穂の高さはディクシーチップは少し短めで、全体的に小ぶりに見えます。

そのため、チョコレートチップは雨で倒れる花穂が多いのに対し、ディクシーチップは比較的安定しているようです。

こういうの「我が家の場合は」という但し書き付きで、育つ環境次第のところもあるかと思われます。

 

ディクシーチップは購入株を分けて、2ヶ所に植えています。

小さい方も同時期に開花しています。

 

↓↓ 子株でも沢山の花が咲きました

f:id:gensank:20200418111646j:plain

あちこちに株分けしたうち、どこか一ヶ所でも快適に勢力を拡大してくれたらいいのです。

 

白い葉が花を引き立てるバニラ チップ

葉が広いタイプのアジュガ、バニラ チップも開花しています。

意外と冬に縮まなくて、それほど赤くもならず、傷みも少ないまま春を迎えてしまいました。

冬に強い品種なのか?

 

↓↓ 2019年2月のバニラ チップ

f:id:gensank:20200418112038j:plain

一番赤くなってこの程度、傷みも少ないです。

これも販売苗に体力があったのかもしれません(疑い深い)。

本当に強い品種なのか、来年の冬が試金石ですね。

 

↓↓ 2020年4月中旬のバニラ チップ

f:id:gensank:20200418112314j:plain

普通の幅広い葉のアジュガなので、多くの花穂は出ません。

買ってきた苗を株分けして、最初の年にちゃんと咲いてくれるだけで満足です。

 

↓↓ バニラ チップの花

f:id:gensank:20200418112543j:plain

花の色は他のアジュガと変わらないように見えます。

花穂のあちこちにある葉が白いので、濃いブルーが目立つようですね。

 

↓↓ こちらは株分けした小さい方のバニラ チップ

f:id:gensank:20200418112641j:plain

小さなロゼット葉ひと塊でも花が咲いてくれました。

それよりランナーが沢山出てきて、処置に困ります。

小石で誘引して、空いているスペースに誘導しています。

この場所は狭いんですよ。

 

どちらのアジュガもこの調子だと夏までは安心です。

問題は秋から冬。

強健種であることを祈ります。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ 園芸生活へ
にほんブログ村