週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

2020年の新苗バラはアルシデュック ジョセフとマダム ルナイーにしました

いつもこの時期は園芸店巡りして、気になる苗を物色しています。

今年はその楽しみを完全封印して、通販一本にしてみました。

バラについては悪癖の衝動買いが無くなるのがメリットです。

 

で、バラの新苗ですけど、何となく今年もオールド ローズになってしまいました。

どうも最新品種などに心が向かないのは、よろしくありませんね。

オールドローズでもつる性のものは誘引する場所がありませんので、比較的四季咲き性の強いものに絞りました。

今年選んだ新苗は・・・。

アルシデュック ジョセフ

まずはティー系統のアルシデュック ジョセフを選びました。

サーモンピンクと言うのか、コーラルピンクと言うのか、とにかくオレンジが入ったピンクだと思われます。

ただのピンクじゃないところに期待しています。

 

つるバラっぽく大きく仕立てることもできて、剪定で木立バラにもできるようです。

あんまり伸びてもらっても困るのですが、ここは出たとこ勝負で様子を見ながら育ててみましょう。

耐病性も高そうですので、そこは安心です。

 

そんな感じでバラの家さんから購入した苗がこちら。

 

↓↓ 2020年5月上旬のアルシデュック ジョセフ

f:id:gensank:20200509150615j:plain

細い枝でオールド ローズの雰囲気です。

新葉が色づいていますけど、アルシデュック ジョセフはもっと枝が赤いのかと思っていました。

そういった特徴が出るのも、これからでしょう。

マダム ルナイー

もう一つはハイブリッド パーペチュアル系統のマダム ルナイーです。

優しいながらもシッカリとしたピンクの花を求めました。

ネットの写真を拝見すると白っぽくないピンクのバラに見えます。

 

四季咲き性が強くてすぐに蕾を付けるので、樹勢は弱いとのこと。

これはコンパクトに管理できると解釈しました。

 

耐病性は微妙なようですね、実際に雨ざらしの環境で育ててみて様子を見てみましょう。

 

そんな感じで我が家にやってきた苗がこちら。

 

↓↓ 2020年5月上旬のマダム ルナイー

f:id:gensank:20200509150739j:plain
こちらは木に赤味が無いので、白い印象の苗でした。

新葉の色以外は、アルシデュック ジョセフと同じような形ですね。

遠目では違いが分かりません。

 

 

これ以上鉢バラは増やせないなあ

新苗を2本同時に育てると、スタートは同じようでも秋にはそれぞれの個性が出てきて、そこが面白いですね。

恒例の6号鉢で1年間楽しくお世話しましょう。

 

昨年は摘蕾せずに新苗を管理していましたが、今年はどうしようかな。

摘蕾してもいいかな。

成り行きで、その時の気分任せにしましょうかね。

 

ところで、

お迎えしてから気が付いたのですが、我が家にはもうバラの鉢を置く場所がありません。

まだ20種にも満たないところで、我が家の狭い庭では早くも限界です。

 

今回新苗をお迎えしたところで、新たにバラ鉢置き場を開拓しました。

日照条件が悪い、家の西側スペースなのでこれまで使っていなかったのです。

午後の日照だけでも育ってくれるか心配ですが、ここを使わないと収まりません。

 

これからは、どうしても欲しいバラが出てきたら入替えですよ。

第一優先は今あるバラを大切に育てること。

そう思っています。

 

普通花を見ないとバラ苗はお求めにならないと思いますが、一応参考まで。

今年もバラの家さんの新苗でした。

↓↓ アルシデュック ジョセフの購買サイトです


バラ苗【新苗】アルシデュックジョセフ (T桃) 国産苗【即納】《J-OB20》 0424追加

 

↓↓ マダム ルナイーの購買サイトです


バラ苗【新苗】マダムルナイー (HP桃) 国産苗【即納】《J-OB20》 0424追加


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ 園芸生活へ
にほんブログ村