週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

優秀だったマダム アルフレッド ドゥ ルージュモンの2020年春

昨年新苗でお迎えしたマダム アルフレッド ドゥ ルージュモン。

初めての春の花を楽しみにしていました。

 

それが期待以上に咲いてくれて、よかったですよ。

マダム アルフレッド ドゥ ルージュモンの2020年初開花

ルージュモンの初開花は、蕾から見ていただけませんか。

 

↓↓ 2020年4月下旬のマダム アルフレッド ドゥ ルージュモン

f:id:gensank:20200518195747j:plain

赤い扁平な蕾で、装飾的な萼がオールド ローズっぽくて楽しくなります。

 

↓↓ もう少しで開花です

f:id:gensank:20200518195933j:plain

 

↓↓ 2020年5月上旬のマダム アルフレッド ドゥ ルージュモン

f:id:gensank:20200518200043j:plain

今年の開花は5月6日でした。

小さめの花に花弁が詰まってグリーンアイが見えるという、ルージュモンの花型は本当に安定しています。

花弁の縁はギザギザで、キレイなフリルのようです。

 

初開花後のマダムアルフレッドドゥルージュモン

2年目なのに、ルージュモンは良く咲いてくれました。

 

↓↓ どれもルージュモンらしい花

f:id:gensank:20200518200558j:plain

 

↓↓ 開き切っても美しいです

f:id:gensank:20200518200423j:plain

ルージュモンは開き切ると外側の花弁が反り返って、白いボール状になることが多いです。

これがまたカワイイ個性です。

 

↓↓ たまに個性的な花が咲くんですね

f:id:gensank:20200518200505j:plain

これは少し甘くない感じで咲いていました。

だいたい同じ形で咲くなかで、微妙に味が違う花が混じることがあるようです。

それでも形が崩れるわけではありません。

 

多くは俯いて咲きますが、こうやって上を向いて凛々しく咲く花もあります。

マダムアルフレッドドゥルージュモンの株姿

木立バラとして小さめの鉢で管理しているのに、この春の蕾は20程ついていました。

中輪のバラなので、大輪バラとは方針が違うんでしょうね。

長めの冬剪定がうまくマッチしたのだったら嬉しいです。

 

↓↓ オールド ローズですから

www.gensan.blue

 

↓↓ 2020年5月中旬のマダムアルフレッドドゥルージュモン

f:id:gensank:20200518200835j:plain

さすがに最後の方は花の重みで枝垂れてきました。

コッソリ支柱を一本だけ立てています。

 

↓↓ 開花後半のルージュモン

f:id:gensank:20200518200638j:plain

途中から花弁の縁が滑らかなタイプの花が増えてきました。

 

↓↓ 花色もこれぐらいピンクがいいですね

f:id:gensank:20200518200713j:plain

咲くときの気候のせいなのか、開花期の後半はピンクが残る花が増えました。

薄ピンクでもキレイです。

 

花径が小さめの中輪で最近の小生好みということで、安心してルージュモンの春の花を楽しませてもらいました。

そうそう、香りも強くはありませんが、十分満足できました。

 

寂しいけれど、これでマダム アルフレッド ドゥ ルージュモンの春はおしまい。

去年はあまり咲かなかった秋にむけてお世話しますけど、今年はどうでしょうね。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ 園芸生活へ
にほんブログ村