週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

フリージアの2020年春はあっさりと

我が家のフリージアは、去年の春素晴らしかった記憶が残っています。

早くから咲いて、鮮やかな黄色が爽やかでした。

 

↓↓ 去年のフリージアらしい春の花

www.gensan.blue

今年も悪くはなかったんです。

ただ何でしょう、ちょっと物足りなかったんです。

フリージアの2020年初開花

最近は美しくて育てやすい性質の黄バラが多くて、古いフロリバンダフリージアは、ブログの記事ではあまり見かけませんし、実際に園芸店でも目にする機会が無いですね。

最近はそんなところが気に入っているというか、天邪鬼ですね。

 

↓↓ 2020年5月上旬のフリージア

f:id:gensank:20200523172702j:plain

今年の開花は5月10日、チョット遅かったんじゃない?

 

↓↓ 同じ日の午後のフリージア

f:id:gensank:20200523172839j:plain

こんな感じでルーズに開いてしまうのがフリージアらしい。

 

↓↓ 同時に二輪が咲きました

f:id:gensank:20200523173054j:plain

ほぼ同時に二輪咲いて、今年は幸先が良かったのでした。

 

初開花後のフリージア

その後もフリージアは咲いていきました。

最初のお花は、残念ながらいかにもフリージアって感じの形になりませんでした。

幼稚園の運動会なんかで紙で造るバラみたいな、あんな感じになって欲しいんだけどな。

 

↓↓ 2020年5月中旬のフリージア

f:id:gensank:20200523173416j:plain

だいぶ近いけど、今年はカッコイイなあ。

 

↓↓ これはまた随分花弁の質感がいいですね

f:id:gensank:20200523173507j:plain

 でも、この高級感はフリージアらしくないぞ。

キレイなんだけどなあ、少し株に年季が入ってきて、これからはこの方針なのかな。

フリージアの全体像

まず冬剪定直後のフリージアは、こんな感じでした。

 

↓↓ 冬剪定、古いフロリバンダ シリーズ

www.gensan.blue

長めに残す方針で切っているとはいえ、太い枝が2本だけなのでどうにも不格好でした。

それは葉が茂っても変わりません。

 

↓↓ 2020年5月中旬のフリージア

f:id:gensank:20200524172802j:plain

咲き揃ったところで、こんな感じです。

2本の枝がそれぞれ茂みの塊をつくって、あまりカッコ良くありません。

それでもフリージアは細い枝が良く分岐して、節間が短いので、こんな感じで纏まって咲いてくれます。

今年の蕾は6つついて、こうやってほとんど同時に咲き揃っていたのは、大変良かったです。

これでも蕾を2つ程バラゾウムシに落とされたんです。

 

↓↓ 最後にフリージアらしい良型が揃いました

f:id:gensank:20200524173312j:plain

最後にこうやって咲き揃ってくれて、甘い香りも素晴らしかったです。

 

フリージアは花持ちが悪いのでこれがほんの2、3日で終わってしまい、その点が残念だったなあ。

去年は他のバラより早くに咲いたせいで、ジックリ見て、堪能した気になっていたんですね。

今年は他のバラも咲いている最中の開花でしたから、慌ただしくパッと咲いてパッと散る印象が強いのかもしれません。

 

フリージアには、秋までぼちぼち咲いてもらうつもりです。

カミさんには切り花で好印象を持ってもらえることでしょう。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ 園芸生活へ
にほんブログ村