週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

クレマチスのサムシング ブルーは存在感あります

クレマチス頑張る宣言したからという訳でもないんですが、クレマチス頑張ってます。

 

↓↓ ああ、小生の意気込みが眩しいです

www.gensan.blue

今年お迎えしたクレマチスのうち、インテグリフォリア系のサムシング ブルーは植えてすぐに最初の花が咲きました。

サムシング ブルーの初開花

お迎えした直後に蕾が付いたんじゃなかったかな。

 

↓↓ 2020年4月下旬のサムシング ブルー

f:id:gensank:20200603204609j:plain

4月24日に開花しました。

この一輪はバラより早くて、シーズン最初の花なので大きくて見事でした。

 

↓↓ 開花後5日目のサムシング ブルー

f:id:gensank:20200604181704j:plain

花持ちは大変良好でした。

開花後に段々と黄色い花芯が開いてきて、そうすると開花直後とは印象が変わっていきます。

クレマチスはそういうところが面白いですね。

 

↓↓ これから西日が強い日は心配です

f:id:gensank:20200604182639j:plain

最初の開花で、見ごたえのあるクレマチスだということがよくわかりました。

初開花後のサムシング ブルー

最初の開花後、サムシング ブルーは枝を伸ばすことに注力したので、次の開花は約1ヶ月後になりました。

 

↓↓ 2020年5月下旬のサムシング ブルー

f:id:gensank:20200604183020j:plain

今度は萼片5枚になりました。

 

↓↓ 2020年6月上旬のサムシング ブルー

f:id:gensank:20200604183406j:plain

今度は二輪同時開花でした。

最初の開花直後に2本の側枝が伸びて、それぞれに花が一輪ずつ咲きました。

ここまで、約160 cm程度伸びてくれました。

 

サムシング ブルーは開花直後は俯く性質のようです。

 

↓↓ 翌日にはグッと真横に向きました

f:id:gensank:20200604183657j:plain

今のところ、ここまでです。

 

もう少ししたら剪定だ

ここまでのところ、サムシング ブルーは素直に育っているようです。

家の西側の配置でも、まだ夏前ですからそれほど悪影響はありません。

最初の開花の後から少しずつ個性が出てきているようで、イイ感じです。

 

↓↓ 最初はこんなに捻じれませんでしたよ

f:id:gensank:20200604184156j:plain

インテグリフォリア系は初めてですけど、この萼片の質感は素晴らしいですね。

花径は12 cm程です。

色は青紫ですけど、もう少しブルーに寄ったらもっと良いかも。

株が充実したら色も変わるかもしれません。

 

サムシング ブルーの生長パターンですが、枝が出て、伸びた先に蕾が付いてその枝は止まります。

止まった枝の途中で、葉の付け根から新しい枝が出て伸びて・・・を繰返していくみたいです。

四季咲きのバラと同じですね。

 

で、問題はこれから秋までの剪定をどうするかです。

インテグリフォリア系は花後に地際から2-3節残す強剪定でもいいし、半分ぐらい切戻すのでも良いようです。

どうしようかな、マダム ジュリア コレボンの花が終わったタイミングで同時に剪定したいけど。

 

慣れている方はこんなところでは逡巡しないんでしょうね。

クレマチスの経験値が低いぞ。

 

 

↓↓ さいじょう緑花さんのサムシングブルー購入サイトです


クレマチス 苗 インテグリフォリア サムシング ブルー 2年生苗


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ 園芸生活へ
にほんブログ村