週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

青リンゴ色のホスタ フレグラント ブーケとシェード ファンファーレをお迎え

この春お迎えしたホスタは、ポールズ グローリー以外にもまだあります。

今年はなぜか青リンゴ色のホスタに魅力を感じて、2種類も買ってしまいました。

何でしょうね、このマイブームは

最初はシェード ファンファーレが良かった

5月上旬まではコロナ禍で、素直におとなしく庭いじり一本で過ごしていました。

なのでホスタ欲しいなあと思いながらも、お安い普及品種を実地で探し始めたのは5月下旬から。

あまり探し回る気合も入らず、気楽な感じで見て回っています。

 

今年最初に琴線に触れたのはこちらです。

 

↓↓ 2020年5月下旬のシェード ファンファーレ

f:id:gensank:20200616183909j:plain

白く縁取りされた薄い緑色で、端正な形の葉です。

 

アップル グリーンとかシャルトリューズ(グリーン)等と表現される、まあいわゆる黄緑色です。

これまでも見たことがありながら全然響かなかったのですが、今年はキレイだなあと思い、お迎えしました。

 

葉が出かかっているのでこの個体を選びましたが、その葉が展開した後しばらく止まっていました。

シェード ファンファーレは直射日光に弱いとの記載を見かけましたので、陽当たりが限られる家屋東側の通路が植栽場所です。

 

最近急にヤル気を出してくれて次々と新しい葉が出てきました。

 

↓↓ 2020年6月中旬のシェード ファンファーレ

f:id:gensank:20200618193624j:plain
イイ感じで葉が出てきました。

この場所が気に入ってくれたようで、嬉しいですね。

あちこちで苗を見かけたフレグラント ブーケ

ホームセンターの園芸コーナーを見ていると、今年はフレグラント ブーケをあちこちで見かけました。

ご存知ホスタオブザイヤー受賞の有名ホスタで、どの苗のラベルでも花の芳香をウリにした記載がありますね。

小生はホスタに芳香花は求めていませんので、やはりアップルグリーンの葉色に魅かれました。

シェード ファンファーレと同じです。

 

慎重に一番お安い苗を選んでお迎えしてしまいました。

 

↓↓ 2020年5月下旬のフレグラント ブーケ

f:id:gensank:20200616200822j:plain

お安い苗の中から、芽が2つの個体を選択。

 

こちらの植栽場所は午後から西日だけが当たる少しキビシイ環境で、フランシーが平気で育っている場所とほぼ同様です。

フレグラント ブーケは受賞品種なので、強健であることを期待しています。

 

↓↓ 2020年6月中旬のフレグラント ブーケ

f:id:gensank:20200616201455j:plain

順調に葉数を増やしていて、安心です。

今のところ葉焼けはありません。

 

似ている両者、違いが出るか

このシェード ファンファーレとフレグラント ブーケ、今のところ大変よく似ています。

色も形も斑の入り方も明瞭な違いが見当たりません。

 

同じホスタを買ってどうする、とツッコミたくなります。

 

↓↓ 2020年のシェード ファンファーレ

f:id:gensank:20200616202409j:plain

 

↓↓ 2020年のフレグラント ブーケ

f:id:gensank:20200616202448j:plain

フレグラント ブーケの方が葉の凹凸が深くて、葉の形が丸味を帯びているような気がしますが、一様ではありません。

ホスタはポット苗の特徴の出方が異なることがありますから、来年以降にならないと本当の違いは判らないんでしょう。

それぞれの個性が強く出るんだったらいいんですけどね。

 

もちろんこれから盛夏の季節、咲く保証はありませんが、フレグラント ブーケの花には期待しています。

 

追記

↓↓ フレグラント ブーケは秋に開花しました

www.gensan.blue

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ 園芸生活へ
にほんブログ村