週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

夏越し再挑戦のワーグラーベ ピンク

暖地におけるゲラニウム栽培は夏越しが鬼門ですね。

関東地方の我が家では、サンギネウムとプラテンセのお仲間は夏越し達成しています。

皆さんも同じだと思います。

それ以外のゲラニウムが問題ですねえ。

ワーグラーベ ピンクの夏越しにこだわる

去年ワーグラーベ ピンクの夏越しができなかったのが本当に残念で、今年は再挑戦することにしました。

 

ワーグラーベ ピンク自体に魅力があるのはもちろんです。

花は多く付くし、濃い葉色にサーモンピンクの花が大変美しいゲラニウムです。

 

それに加えて、去年は夏越しがもう少しだったと思っているんです。

 

↓↓ 8月まで葉が残っていてですね

www.gensan.blue

もうこれ夏越しできたでしょ、と思っていたら

 

↓↓ 結局残暑に負けてしまいました

www.gensan.blue

えーここまで来てダメなんだー、とショックでした。

 

悔しかったので、根に持っています。

何とかして夏越しさせたい、去年の反省を活かしたい。

 

そして懲りずに再挑戦へ

この春ホスタをお取寄せにすることに決めた時、ゲラニウムも一緒に頼んじゃえって思っていました。

ラインナップを見るとワーグラーベ  ピンクがあったので、迷わず購入。

 

いいんだもう、少なくとも数ヶ月お花眺めて心安らぐなら、数百円は安い。

 

↓↓ とうちゃくー

f:id:gensank:20200621164714j:plain

シッカリした苗で、さすがです。

意外と地上部の生長はこれからって感じでした。

 

↓↓ 2020年4月下旬のワーグラーベ ピンク

f:id:gensank:20200621165401j:plain

すぐに予定していた場所に植えましたよ。

 

去年の反省は、西日に晒されていたこと。

水遣りだの虫だの病気だの、そういったことでは無いのです。

悪いのは西日という判断です。

 

想いめぐらせた結果、我が家で一番西日が避けられるのは家屋東側のここ。

 

↓↓ シェード ガーデン

www.gensan.blue

ここは正午までに少し陽が当たるだけの場所で、絶対に西日は当たりません。

 

ならばここに植えてみようじゃないですか、ワーグラーベ ピンクを。

夏越し第一、花付きなどは二の次です。

去年よりも花数は多いようです

陽当たりが悪い場所に植栽したので、ワーグラーベ ピンクの花が咲くかどうかが心配でした。

 

↓↓ 2020年5月下旬、ワーグラーベ ピンクの初開花

f:id:gensank:20200621204502j:plain

陽当たりの悪さが開花に与える悪影響は、どうやら杞憂だったようです。

よかった。

 

↓↓ ほら、カワイイお花

f:id:gensank:20200621204645j:plain

 

 ↓↓ 2020年6月中旬のワーグラーベ ピンク

f:id:gensank:20200621204741j:plain

5月はナメクジに舐められて蕾が失われたこともありましたが、6月に入って順調に花が増えてきました。

↓↓ 2020年6月下旬のワーグラーベ ピンク

f:id:gensank:20200621204816j:plain

 こんな感じでホスタと共存してもらっています。

奥にあるのはゴールド スタンダードです。

 

まだまだこの時期は問題ではありません。

虫やナメクジに葉を食われているのを阻止しながら、できるだけ健全に夏を過ごしてもらわないといけませんね。

 

今年こそ、一緒に秋を迎えるよ!

 

追記

残念ながら2回目の夏越しも失敗しました・・・。

梅雨時にガクっと弱り、8月の下旬には葉が無くなりました。

関東地方の庭植えではなかなか難度が高いようで、小生は諦めます。


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ 園芸生活へ
にほんブログ村