週末は晴天希望!

週末ガーデナーがバラとサボテンを育てます

ゲラニウム ロザンネもなかなか花数が増えません

小生、今年も懲りずにゲラニウムが好きなのですが、盛大に咲かせることができずにいます。

我が家で満足いく開花になったのはサンギネウムだけです。

ロザンネの芽吹き以降

夏越しに続いて、冬も無事越したゲラニウム ロザンネ。

少し心配していた中、無事芽吹きを確認できたのは嬉しいことでした。

 

↓↓ 2020年の芽吹きはこの記事ですね

www.gensan.blue

その後のロザンネは生長していましたが、爆発力がありませんでした。

5月になっても小さな茂みのまま、花を咲かせる気配は見られませんでした。

 

↓↓ 2020年5月上旬のロザンネ

f:id:gensank:20200705154337j:plain

レモン タイムとコモン セージに囲まれている場所です。

ハーブ類は強いですが、ロザンネはそれを苦にする感じでもありませんでした。

 

↓↓ 2020年5月下旬のロザンネ

f:id:gensank:20200705154654j:plain

葉の大きさは、去年よりも一回り大きいんじゃないでしょうか。

 

去年の秋に移植したこの場所は午前中だけ陽が射します。

移植後初めてのシーズンなので、まだこの場所で開花したことがありません。

この時点では、開花には光が足りないんじゃないかと心配していました。

2020年ゲラニウムロザンネの開花

6月に入って、伸びてきた枝にようやく蕾が確認できて、一安心。

 

↓↓ 2020年6月上旬のゲラニウム ロザンネ

f:id:gensank:20200705155102j:plain

咲きましたねえ。

ロザンネは微妙な花色なので、写真ではうまく色が出ませんね。

ここまで青くないので、下の写真の方が実際の色を表現できているかもしれません。

 

↓↓ 2020年6月上旬のゲラニウム ロザンネ

f:id:gensank:20200705155203j:plain

ゲラニウムなので、花持ちはそれほど良くありません。

持って2-3日でしょうか。

雄蕊の葯があると開花直後、無くなると翌日には散ることが予想されます。

これは他の品種でも同じですね。

 

↓↓ 2020年6月下旬のゲラニウム ロザンネ

f:id:gensank:20200705155426j:plain

蕾は大体2つずつ付くので、2輪一緒の写真が多いのです。

残念ながら今のところは、それ以上花数多く咲くという状態になりません。

 

もっと大きくなってよロザンネ

今年は少し花数も増えるかと思っていたのが、今のところ肩透かしです。

昨年並みで、衰退しているわけではありませんが、大きくなっている手ごたえもありません。

 

ロザンネは、伸びた枝に花が咲いて、花茎の根元かその下の節から新たな枝を出して、延々と一本の枝が伸びていくわけです。

放置していると、あまり枝数が増える感じがありません。

去年はカッコ悪いので、この時期程々の位置でカットしました。

今年も同じ様子ですので、やはり剪定しました。

 

↓↓ 2020年6月下旬のゲラニウム ロザンネ

f:id:gensank:20200705191017j:plain

無剪定ではこんな感じで間延びしています。

 

↓↓ 2020年7月上旬のゲラニウム ロザンネ

f:id:gensank:20200705191218j:plain

キレイな花なのですから、剪定で花数が増えれば素晴らしいと思います。

 

剪定しつつ秋を迎えれば、株元からの芽が出て少しは充実した株姿になっているんじゃないでしょうか。

バラのベーサル シュートを期待するのと同じような気持ちだなあ。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックが励みになりますm(__)m
にほんブログ村 花・園芸ブログ 園芸生活へ
にほんブログ村